2010/6/29

獅子身中の虫  時事・社会
 
 
一進一退の攻防が続くパラグアイ戦。これを書いてる時点では、まだ後半に入ったところ。日本が予想以上の善戦で驚いてます。いや、すごいわホンマ




さてさて、先日「偽装弱者」にて外国人の生活保護不正受給について書きましたが、またしても大阪にてその手の事件が



■時事通信:入国直後に生活保護申請=中国人48人、受給目的の来日か−大阪市



入国後平均8日で生活保護申請したのやとか。仕事探す気ゼロやね、どう考えても受給タダ乗り目的での入国でしょう



大阪市はなぜこのような申請を受諾し、許可したのか。それ以前に、入管は入国させるに際して厳重な審査をしたのか。疑うわけではないが、内部に「手引き者や工作員」がいるのではないか。そんなことを考えてしまったり



記事によると、生活保護の受給停止も検討するほか、警察とも協議して実態を調査する、とあります。当たり前だ。同時に国外退去もやってくれ




それにしても入国して即申請→認められるぐらい、定住資格や生活保護の審査というのは甘いのか。絶対ウラがあるぞコレ。少なくとも、それ専門にやってる組織があるはずです



そもそも定住資格を得ただけで、日本人ではないのに(簡単な審査で)生活保護を受給できるという制度が異常です。日本人ですら、要件に満たず受給できない人が大勢いてるのだ。日本人の払った税金で、日本人は厳しい審査に泣き、なんで外国人は優遇されとるのか。アホらしすぎるわ




でね、今週木曜7月1日から、中国で国防動員法が施行されるって、前に書きましたやん?あれと同じ日に、日本では、中国人に対するビザ要件の大幅緩和が始まるのよね



これまで日本に渡航が許されなかったシナの低所得者層が、わんさかいらっしゃるようになると。当然、上記のように、生活保護やサービスの不正受給を目的に「合法的に」入国してくる連中も増える、と



ちなみに、そのビザ要件を緩和したのは民主党。安い給料で汗水垂らして働いて、苦労して納めた税金や保険料は、自分達のためやなく、不正受給の外国人のために使われることを、民主党は「認めた」に等しいわけです






怒れ日本人!#






ちゃんと言うておこう。日本は日本人の国だ。どんな政策や制度も、まず日本人のためにあるべきだ。外国人がその制度を利用したければ、正規の手続きで日本国籍を取得し、日本人になるべきだ。それがいやなら国へ帰りなさい




悪質な外国人もそうですが、同時に問題なのは、日本人でありながら、その手の連中の手引きをしている者が、確実にいてることです。情けない。獅子身中の虫だわな



日本人のすべてが清廉潔白ではありません。ゼニで動くアホの子もぎょうさんいてます。中には自ら進んで内通者や工作員になりたがる基地外もおります



シナという国は昔から、まず侵略先に内通者や工作員をつくり、労せず陥落させるを善しという戦略をとります。三国志だけの話やないですよ。日本の現状をみれば、決して絵空事ではないことがわかります





工作員といえば、ちょっと気になるニュースも



■MSN産經ニュース:【口蹄疫】「あと1、2件は出そう」 山田農相が会見



あぁ?なんでそんなことが「予言」できるんだ?



記事には「(被害が多発した県東部から)いつ飛び火するか分からず心配だ。あと1、2件は出そうな気がしている」と発言したとあります。予断を許さない状況であるという意味やとしても、封じ込めに必死な宮崎県の方々の心境を考えたなら、こういう言葉は出てこないはずです



これまた疑うわけやないですが、「あと1、2件は出そうな気がしている」ではなくて、





「あと1、2件は出すんだよ」じゃないのか。つまり、ウイルスをバラまいてるヤツがいる、仕込んでるけどまだ発症してない農場がある、そういう意味に勘繰ってしまいますわ



だってさ、終息に向かおうとしてるのに、いまだに感染源や感染経路の解明に、腰を上げようとしないじゃん>民主党。何か知ってて隠してると思われてもしゃあないでしょ




とりあえず、不正外国人とともに、日本人の内通者や工作員を、一日も早く取り締まる必要があります。てか、もういいかげんにスパイ防止法を制定してくれよなマジで!
 
 

WOEP 公式website
↓クリックよろしく!


この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ