2011/10/2

つながる、ひとつになる  日常たわごと君

JR九州新幹線開業CM集のDVDが届きましたッ!以前も販売されてたんですが売り切れ、しかし今回追加販売となったのです。いや〜届くの楽しみにしてたんですよぉ



クリックすると元のサイズで表示します



ブーンブーンブーンブブブーン♪
(・∀・)♪(・∀・)



や〜素晴らしい。単なるCM集だから見てたら飽きるかなぁと思うてたのですが、全然全然!飽きるどころか見入ってしまいましたわ



ごく一般の方々が沿線で新幹線に手を振っている、言うてみればそれだけの映像なんですが、その姿、笑顔、喜び、そしてつながりを見ていると、ホンマ自然と笑みが浮かんでくるのです



「九州が、つながる ひとつになる」、このコピーをそのまんま映像化することに成功しています。ちょっと感動しましたわ



なんとなく昭和っぽいのもエエ感じ。日本が帰るべきところは、こういうところじゃないかなぁ



未放映CMや未公開映像も含めて、約50分のDVDです。なんとこれがお値段1000円(送料別)で、売上金額の一部(1枚につき200円)が東日本大震災の義捐金として寄付されます



今回は5000枚限定やそうですが、まだ残数ある模様。わしゃ回し者ではないけれど、これはチトお勧めしときますよ。



会員登録せにゃならんのがジャマくさいんですが、こちらで購入できます



■JR九州商事「たびSHOP」:「祝!九州」CM DVD (お一人様3枚まで)



祝!九州のYouTube公式チャンネルでも公開されてますので、いちいち通販で買うのは面倒っちいという方は、そちらでご覧くださいまし



■YouTube:九州新幹線全線開業CM集








映像見てて思うたんやけど、冷めた世の中とか言われながらも、やっぱりみんな、こういう「一緒に盛り上がる」ってのが好きなんやろうね



というか求めてるんじゃないかなぁ。震災直後というのもあったやろうけど、九州新幹線のCMが高評価だったのは、あの映像の中に「無意識のうちに求めている姿」があったからやないか?と思うのです



昔に比べると情報も多く、老若男女に渡って共通するテーマもなかなか無いので、それがやりにくくなってるだけじゃないかな。その点、新幹線開業なんて格好のイベントになりますもんね



いま思えば「はやぶさ」の帰還で盛り上がったのも、新幹線のそれと似た面があったのかもしれません。夢・希望・誇り、そういうのでつながりたいと考えてる人は、潜在的に多いんじゃないでしょうか




個性の時代、趣味嗜好の細分化、それはまぁ結構なことなんやけれども、同時に「離ればなれ感」を抱いてる人も多いんやないかと思うのです



流行歌にしても、その世代共通の歌や、みんなで一緒に歌える歌、そんなのはほとんど無くなってしまったもんね
(´・ω・`)




で、一体感や連帯感を求めてる、それが必要なんだ。そんなことを言いますと、どこからともなく「それは全体主義の始まりだ!危険だ!」などという声が聞こえてきたりします



つながること=すべて悪とするのは、いくらなんでも頭が悪すぎます。わざとそう仕向けてるのなら、なおタチが悪い



あのさ、人間ってのは、もともと1人じゃ生きていけないのね。1人ですべて出来てるように見えても、陰ながらインフラを支えている人達もいるわけで、つながってなきゃ生きていけないのよ



そしてたぶん、いまの日本に最も必要なものだと思います




一緒に夢を見ることができるような、そんなテーマは素敵やと思いますよ。音楽でそれが出来ればエエんですがね、ちょっとキビシイかな
(;・∀・)




あさっては弾き語りしまっす!


WOEPライブ情報
10月5日(水)
日本橋 太陽と月

19時OPEN 1000円/要1drink
※anbaの弾き語り




WOEP 公式website


web拍手もよろしく!→


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ