2011/3/15

日本に元気を!プロジェクト  時事・社会
 
数日前にTwitter上で、音楽関係者の方が「プロアマ関係なく、いま音楽屋が出来ることを一緒に考えてみませんか?」という呼びかけをしていました



おぉこれぞ!と思うて参加表明したものの、やはりプロの方々は「産業」として成立しなければ話にならないわけで、見解の違いから離脱したのです
(´・ω・`)



わしはアマチュアだからさ、産業としてとか仕事としてってのは、あんまり関係ないのね。「いま出来ること」を考えるのならば、そういうことはひとまず置いといて、というスタンスだからさ。ま、アマやから出来ることですが



いや、逆にアマやからこそエエのかもしれません。だってほら、音楽屋やアーティストの仕事って、本来は「夢を売ること」でしょ?いまの日本にはピッタリじゃん




ということで昨日から「日本に元気を!プロジェクト」を勝手に立ち上げました。勝手にやってるので、メンバーはわし1人です(笑




もちろん、批判したいこと、怒りの数々、ホンマぎょうさんあります。あり過ぎます。しかし、それらは当分の間、他の方々におまかせします。わしは音楽屋として、また表現者として、やるべきことをやっていきます



なんというかですね、ただでさえ地震と原発で世の中がピリピリしてるのに、連日テレビで惨状やら涙やらの映像を流されるせいで、被災地以外の人達も精神的ダメージを喰らってますやん?



これから復興の活力が必要やというのに、それではアカンわけですよ。麻生氏の演説ではないけれど、やはり日本は明るく強くなくっちゃね。だから「日本に元気を!」なのです




別に音楽だけじゃなくてもエエのです。絵でもいいし、笑い話でもいい。へたくそでも関係ない



ただ、そこに「誰かが喜んでくれたら」「あの人を笑顔にできたら」そういう気持ちがあればエエと思うのです。それは、自分の家族でもいいし、恋人や友人、呑み仲間や近所の人達、職場の人達でもいいのです



たとえば押し入れにしまってたギターを久しぶりに取り出す父と子の会話



子:あれ?父さんギターなんか弾けるんや?

父:ほっほっほ、こう見えても結構イケるんやぞ

子:なんか弾いてみてよ

父:よし。ジャンジャカジャカジャカ♪

子:マジ下手すぎる

父:な、なんでしと!



こういうのもアリかと(笑。



音楽や創作が不得手な方でも、同じ気持ちで、仕事や家事をやればエエのですね。いや、そういった気持ちで「生きてみる」と言うた方が適切ですか



被災地へ直接アプローチできなくても、その気持ちがつながっていけば、世の中を、日本を、ちょっとずつ元気にしていけるんやないやろうか。わしはそう思うのです



とは言え、何かの団体や組織にしようなんて考えておりません。この主旨に賛同してくださる方々がいらっしゃれば、その方々それぞれにやっていただければエエと思うとります。むしろ、そういった自由さが無いとあきません




それでは今日の「日本に元気を!」は、東北関東大震災で懸命の救助活動に励む、自衛隊のみなさんの画像集でございます



クリックすると元のサイズで表示します

子「じえいたいってなぁに?」
親「日本でただ1つ、『最終話』の無いヒーロー戦隊よ」




クリックすると元のサイズで表示します

子「じえいたいも はいゆうさんなの?」
親「中の人などいない」




クリックすると元のサイズで表示します

子「じえいたいは どんなことしてるの?」
親「変身もしないし巨大ロボットもいないけど、しっかりみんなを守ってくれてるのよ」




クリックすると元のサイズで表示します

子「プリキュアやオーズもいっしょにいるのかなぁ」
親「そうね、きっと一緒に頑張ってるわ。だから私たちもがんばらなくちゃね」
子「うん!」



クリックすると元のサイズで表示します





自衛隊に敬礼!
 
 

WOEP 公式website

↓クリックよろしく!



web拍手もよろしく!→


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ