2011/1/11

有事の足音  時事・社会
 
1/7付の当blogを書いた時点では、韓国口蹄疫の埋却頭数は、約100万頭でした。それからわずか4日で、なんと!



■聯合ニュース:口蹄疫感染122カ所に、家畜140万頭以上処分



140万頭!なんつー増え方しとるんやら。もはや打つ手なし状態になってるようです。もともと衛生状態がエエ国ではないので、いったんパンデミックが起きると、アイゴーと叫ぶ以外にどうしようもないんでしょうな



この状況にあっても、いまだにマスゴミは韓国旅行を煽ってます。よっぽど日本国内に口蹄疫を持ち込ませたいらしい。マスゴミの中に何が涌いているのか、非常によくわかります



で、このような情報操作をする、と。



■asahi.com:韓国の口蹄疫ウイルス、宮崎とほぼ一致 水際対策を強化(1/7付)



これって記事のタイトルだけ読むと、まるで宮崎の口蹄疫が原因であるかのように見えます。しかも本文中には「宮崎では昨年4月から7月にかけて発生〜」「韓国では昨年4月にも発生していた」と、同時期の発生やと誤解させる書き方をしています



実際には韓国の発生が先です。この時系列を記事に書いてしまうと、韓国の口蹄疫→宮崎に、という流れがハッキリしてしまうため、クソ朝日はわざとこういう書き方をしとるんですわ(怒



おーいマスゴミの中のヒトよ、そろそろぶっちゃけてしもたらどうかね?宮崎の口蹄疫は、韓国からの研修生が持ち込みました。現在韓国で拡大している口蹄疫は、その時に完全に沈静化してなかったものが爆発したのです、とさ。



まぁムリだな、書けるわけないさ。だってマスゴミだもの。お前らレガシーメディアは、情報の取捨選択の段階でイデオロギーを入れ過ぎなんだよ。そんな時代は終わったの




ところで、まだ農水省と厚労省には電話できてないんですが、外務省が韓国への渡航規制を出さないでいるのには、どうもこういう事情があるらしい


■MSN産経ニュース:「危険情報」扱いに苦慮 朝鮮半島情勢で外務省(2010.12.26付)


記事によると、渡航規制をかけられないのは、隣国で交流人口が多いため、渡航延期や退避を呼び掛ければ経済面での打撃が避けられず、韓国との関係に影響を与えかねないため、なんやとか



これは北朝鮮による延坪島砲撃に絡む「危険情報」扱いで、口蹄疫の件ではありません。しかし、邦人の安全にかかわる有事の恐れがあっても渡航規制しないのですから、家畜の病気ぐらいでは「は?」てな感じなんでしょう



というかさ、国民の命よりも韓国との経済を選ぶのか。マジで終わってるな。まぁ極論はダメとしても、目先の利にとらわれる者は最も大切なものを失うってこと、国家の機関ならば当然知っとくべきやけどね。やはり外務省は害務省か




一方、このような協定の締結が着々と進んでいたり


■時事通信:物品提供協定交渉へ=韓国に提案−北沢防衛相方針(1/4付)
■YOMIURI ONLINE:自衛隊、韓国軍と物資相互提供…協議開始で合意(1/10付)



物品提供協定とは、正しくは物品役務相互提供協定(ACSA)といい、ごく簡単に説明すると、それぞれの国が有事の際に、水や食料などを相互提供できるようにする取り決めのことです



ニブイ人でもさすがにわかるでしょう。これは半島有事に備えて、韓国が準備しとるということですわ。しかも、あろうことか自衛隊を巻き込むつもりで、民主党政権はいそいそと協定に締結するつもりなのね



さあ、ここで平和運動のヒトたちや、9条を守る会のみなさんの出番だ!オラ、さっさと出てきて、いつものように戦争反対と声を上げろや!インド洋での海自による給油ですら、あれほど反対してたやないの。なんで出てこないの?



もうおわかりですよね?平和運動も9条を守るも、結局はダブルスタンダードで、何の正義でもなかったわけですよ。エセですよ



そしてこの協定が締結されると、万が一第2次朝鮮戦争が起きた場合、日本も「戦争当事国」になってしまいます。自分から仕掛けなくても、相手が仕掛けてきたら、その瞬間「戦争」は始まります




平和ボケしてる場合じゃねぇぜ!
 
 

WOEP 公式website
↓クリックよろしく!





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ