2011/1/6

外務省に電凸  時事・社会
 
外務省に電凸してみました。韓国で感染が超拡大している口蹄疫の件で。あれ?今日はすぐにつながったぞ。もしかして昨日は番号間違えてたのか。あちゃー、どこのどなたか存じませんが、申し訳ないっす
m;_ _)m



案内されたのは「海外安全相談班」という部署。なんで渡航制限しやがらんのじゃボケェ!とかやると、相手も人間ですので、真っ当な答えをもらえるとは思えません。なので、韓国への渡航を考えてる旅行者ということで質問してみました




まず、「感染症関連は、基本的に厚生労働省の管轄になる」と言われました。ぐぬぬ、言われてみれば確かにそうだ。しかし今日は厚労省にまで電話している時間は無い。とりあえず、外務省に聞けることだけ聞いてみよう



韓国への渡航規制をしていないことについては、「観光客として普通に街中を散策する分には大丈夫」「口蹄疫は、人畜または人→人の感染症ではない」「宮崎のケースと同様に、韓国もまた、殺処分・消毒・封じ込めをしているはず」という理由からやそうです



渡航する際には、野生動物と接触しないようにとのこと。口蹄疫よりも、人畜感染の危険性がある鳥インフルエンザが心配です、とも言われました。まぁ観光程度なら大丈夫と思いますが、とも。



ただし、牧場等へ行く場合は別です、と強く言うてました。何が別なのか、どういう対策をしているのか、そこんところは時間が無くてつっこめなかったです。すんません;;




いち担当者の話なので、これらが外務省の総意やとは思いたくはないのですけど、どうも韓国の口蹄疫パンデミックを甘く見ているフシがあります



宮崎のケースでは、地元の方々や自衛隊のみなさんの必死の努力もあって、なんとか県内に封じ込めることが出来ました。が、しかし、韓国ではすでに全土に広がっており、事実上封じ込めは失敗しているのです。「封じ込めしてるはず」というのは甘すぎる認識ですわ



また、韓国の牧場関係者が街へ出ていることも十分考えられますので、野生動物にさえ接触しなかったら大丈夫、観光程度なら大丈夫というのも、やはり甘いです



というか、口蹄疫の感染力を知らんのじゃないか。人に感染しない(厳密には感染例はあります)からというて、その国の畜産業を壊滅に追いやりかねない病原体について、あまりにも勉強不足やと思いますわ



宮崎があれほどの惨事やったというのに、一都道府県で起きたことのように認識されてるのも、どうも腑に落ちません。一歩間違えれば国家的危機やったのやがね、英国で2001年に起きた口蹄疫を知らんと見える




あーいかん、怒りが沸いてきた#




マスゴミは、相変わらずしょうもないスキャンダルやら政局しか報道しよりません。それどころか、いまだに韓国旅行を煽ってます。報道すべきことを報道してない時点で、もはやマスゴミは機能停止してますな




もうアレね、いまンところは自衛策しか無いってわけですか。とりあえず、このblogを読んでるみなさまにお願いです。よっぽどの用事が無い限り、韓国へ行くのは当分やめてくれ。友人知人にもそのように言うてほしい。それと、韓国からの入国者には十分注意してくれ。ホンマ頼みます
m _ _)m



厚労省にも電凸せなあきません。農林水産省にも聞いてみたい。うーん、明日は時間があるかなぁ。あ、小さな声でも数が多いと力を発揮しますので、有志の方の電凸ご協力もお願いいたします



外務省代表電話:03-3580-3311
厚生労働省代表電話:03-5253-1111
農林水産省代表電話:03-3502-8111




■農林水産省:韓国の口蹄疫に関する情報




WOEPライブ情報

1月9日(日)
日本橋 太陽と月

19時OPEN、19時半START
当日1000円/要1drink
anbaのソロ弾き語り

 
 

WOEP 公式website
↓クリックよろしく!





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ