2011/1/5

アナログ回帰  音楽総合
 
いわゆるデモソング(またはプリプロ)作りには、ソフト音源を使うております。シンセサイザーやドラムマシンのソフトウェア版ですわ。パソコンの中で作業が完結するので、便利っちゃー便利なんですね



しかし、どーもあきません。所有しているiMacもMacbookProも、それほどハイパワーマシンではないこともあり、ソフト音源を立ち上げると動作がクソ重たくなってしまうのです
(´・ω・`)



その微妙なストレスが「プリプロ制作なんて面倒くせー!やめじゃやめじゃ!」な気持ちにしてしまいがちです。いかんいかん、音楽屋は転がり続けてナンボなのだ。ソフトがダメなら実機にすればよいでわないか



と昨年末に思いつき、制作環境の一新を試みております。ラックの中で眠っていた機材の数々に再び光を当て、並べてみました



クリックすると元のサイズで表示します

(上から)
・ALESIS DM5(ドラム音源)
・E-mu PROTEUS1+ORCHESTRAL
・YAMAHA MIDIパッチベイ
・KORG 03R/W
・YAMAHA TX81Z




「どうだわしの音源は?」



「すごく・・・90年代です・・」



うむ、たしかに古いブツばかりだな。しかし、WOEPやわしのソロには、これぐらい古い音が丁度エエのです。どれもクセのある派手な、しかし太い音がします。こういうのは実機ならではやね



24bit録音が普通になった時代に、あえて16bit音源でっせ奥さん。どうだわしの16bitは?すごく・・・太いです・・。そんな感じw



これらの音源も、内部はデジタル処理されているものですので、厳密にはアナログものではありません。しかし、パソに音を取り込む際にはアナログケーブルを使いますので、やはりアナログなのです(どっちやねん




というわけで、アナログ環境の再構築をしようと企んでおります。とりあえず音源系はOKとして、問題はアウトボード(エフェクター)類なのよね



TASCAM688(わしのソロアルバム『HOME』はコレで録りました)を駆使してた頃のような中途半端なモノやなく、やるからには気合いを入れた諸々でナニしたく思うのですが、いかんせん先立つものがね
(;´д`)



なんせアナログは金がかかるのです。べらぼうに、とんでもなく、目ン玉とび出るぐらい、お金がかかります。もとい、お金をかけるべきなのです。べらぼうに、とまでは言いませんが、そこそこは投資すべきです



なぜなら価格の差は、ほぼ間違いなくクオリティの差になるからです。とりわけダイナミクス系(プリアンプ、コンプレッサー等」は、好みを差し引いても雲泥の差になります



空間系(ディレイやリバーブ等)なんかは、メチャ高じゃなくてもそれなりにエエ音がする機材はあります。しかしながら、そっち系はソフトウェアで当面代用するつもりですので無問題




ところで、どれぐらい高価なのかといえば、例えばコンプ1つで、ヘタこくと車1台買えるぐらいなのです。どう考えてもこりゃムリだな
( ゜∀゜)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \



いや、いずれ手に入れてみせる。何年かかるかな〜?なんてね(笑




うん、ホンマはね、今日は時事テーマのはずやったんですよ。でも、ちょいと重たい話なのでやめました。よく調べてから、またあらためて書きますわ



かわりと言うてはナンですが、別の時事話。米国で起きた不思議な「事件」です


■CNN Japan:鳥5000羽と魚10万匹が謎の大量死 アーカンソー州(1/3付)


アーカンソー州ってのはクリックすると元のサイズで表示しますココね。地図の赤いところ。「事件」が発生したのは昨年の大晦日で、記事によると、年越しの花火に驚いて死んだんじゃねぇの?ってな説で通してるみたいです



が、しかし。普通に考えて数が多すぎますわな。位置的に見て、例のメキシコ湾原油流出事故の際にバラ撒いた猛毒の分解剤が、上空や河川にあるんじゃないのか?と勘繰ってみたり



それならば、それまでに降った雨でも被害が出てそうなもんですが、そういう話も無いっす。謎ですな。大地震の前触れ(宏観現象)という説もあるようですが



どっちにせよ、あんまりエエ話やないです。米国についても、またあらためて書かねば。ああっ、もうこんな時間か!寝る!



WOEPライブ情報

1月9日(日)
日本橋 太陽と月

19時OPEN、19時半START
当日1000円/要1drink
anbaのソロ弾き語り

 
 



WOEP 公式website
↓クリックよろしく!





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ