2010/11/18

失言装置  時事・社会
 
予想通りというか噂通りというか、今週に入って週刊誌各誌が、一斉にsengoku38氏叩きを始めてます。氏の経歴や家族構成を調べあげ、ビデオの内容そっちのけで人格攻撃を展開する様は、口蹄疫での東国原知事へのそれと酷似しています



先週までは擁護的な論調やったのにね。一斉に批判記事が出てきたのが、どうにもアヤシイ。これはアレか、民主党(仙谷)が官房機密費を使うたのかね?そんなニオイがプンプンしますな



ちなみに仙谷健忘長官は、sengoku38氏に関してこのよな発言をしておるとか



soushintoyamadaさんのツイートより

仙谷某という人間は何様と思ってるのか?彼の発言集らしい。海保職員について。「責任を問うべきでないという人は、不健全な国民」「大阪地検の事件に匹敵する由々しき事案だ」「海保員は、時が時なら銃殺刑」「犯人を合法非合法どんな手を使ってもいいから洗い出せ」続編あり


仙谷某発言集続編。海保職員について。「天に唾をはいた役人の末路がどんなものなのか、じっくり見せてやる」「本人はもちろん、親兄弟親戚一同、二度と日本に住めないようにしてやる」(労組情報)




この発言集が事実ならば、健忘長官は、自身を絶対的な最高権力者であるとお考えのようですな。ファック!




健忘長官の失言癖は、とどまるところを知らないようで。すでにご存知かと思いますが、こういうことも言うとります



■時事通信:「自衛隊は暴力装置」=直後に撤回、謝罪−仙谷官房長官



マックス・ウェーバーによると、軍隊や警察は国家の「暴力装置」であるそうな。さらに、国家から権力を奪還するためには社会の中に新たな暴力が組織化されなければならない、とも言うとります



カール・マルクスによれば、国家というものは、ごく一部のブルジョア階級による他の階級支配のための道具で、階級敵を抑圧するための「暴力装置」なんやそうです



また、かつて自衛隊を違憲とする者達の間では、自衛隊を批判する意味で「暴力装置」という言葉が使われていたとか



いろんな解釈がある「暴力装置」という言葉ですが、しかしながら国会は一般の国民も中継で見とるのです。いちいち様々な解釈と照らし合わせながら、言葉を理解してくれるわけやありません。衆愚と言えばそれまでですが、ほぼ「語感」のみの理解であることが大半です



場によっては、言っちゃあイカン言葉ってものがあるのよ。というか仙谷自身が謝罪+撤回してる時点で、この発言は自衛隊批判でした、と言うてるようなモンですわな。ファック!




自衛隊といえば、これもね



■MSN産経ニュース:仙谷氏、自衛隊施設内は「民間人でも表現の自由は制限」発言 自民が問題視し反発



この発言は仙谷が最初ではなく、北沢防衛相が発端です。自衛隊施設内にて、民間団体の会長が招待客を前に「民主党政権は早くつぶれてほしい。皆さんも心の中でそう思っているのではないでしょうか」と挨拶し、それに北沢が激怒。自衛隊施設での民間人による政権批判の封じ込めを求めたという次第



■MSN産経ニュース:「秘密国家」へ?…政府の情報統制着々 民間人にも矛先!? 事務次官通達で批判封じ込め



しかし、この航友会の会長というジイさんは、たしか自民政権の時でもメッタ斬りにしてたはず。民主党はアレだな、冒頭のsengoku38氏に対してもそうやけど、自分達を批判する者は「悪」と認識しとるのだな。ファック!




こういうことやっとると、自衛隊内部のストレスは相当に溜まってきてると思われます。自民政権の時ですら、「あの国へ行け、この国へ行け、やって当たり前」的な扱いをされてアタマにきてたのに、さらにこれでは相当にヤバイです



■スポニチ:暴力装置発言に自衛官怒りの声「失望」「言葉もない」



たぶん「怒りの声」なんてもんじゃないでしょうな。激怒、もしくは怒り狂ってるんじゃなかろうか。現場を知らずしてシビリアンコントロールなんてものは成立しないこと、民主党は知らんのだろうな



平和を愛する日本国民としては、クーデターによる政権奪還よりも前に、合法的に民主党を政権の座から引きずり降ろすべきやと思うとります。つーか、小物大臣の問責決議案とかよりも、内閣不信任案をさっさと出せよな



こいつもやる気になってるみたいですし


■47NEWS:小沢氏が早期解散の可能性に言及 支持派議員と懇談



不信任案に小沢派が賛成→内閣総辞職かね?汚沢は強制起訴が控えてるので、もう玉砕戦法しか残ってないと思われ。ダニ同士でつぶし合うがよろしい




とりあえず、総選挙は近いかもね、と予測しておきます。
 
 

WOEP 公式website
↓クリックよろしく!





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ