2010/11/15

ケムール新聞  くらし
 
読売新聞のWeb版には「発言小町」という、女性向けのコンテンツがあります。まぁ何といいますか、超劣化版Yahoo!知恵袋というか、そんな感じの読者投稿コーナーなのですね



何が超劣化版なのかと言いますと、内容がアホすぎるのです。知恵袋もたいがいな時がありますが、それに輪をかけてひどい。というか明らかにネタとしか思えんw。たとえばこのような質問



夫がケムール人を恐れています。


40代前半の主婦です。
昨晩、夫(40代後半)が風邪をこじらし発熱し夢でうなされていました。
夜中に目を覚ました夫が「ケムール人に追いかけれらた・・・恐ろしい」「怖い夢には、いつもケムール人が出てくる!」と傍から見ていても気の毒でした。(中略)私の夫を恐れさせる「ケムール人」とはそんなに怖いのでしょうか?




ケムール人とは、60年代の特撮番組「ウルトラQ」第19話に登場した宇宙人。地球人の肉体を乗っ取るため、人間を消去したり誘拐したりする能力を持つ。こんなヤツ


クリックすると元のサイズで表示します


たしかに不気味なルックスです。当時はモノクロ映像やったこともあり、さらに強力に気色悪く見えたことでしょう。初代ウルトラマンにも別バージョンが登場してますが、やはりウルQ版の不気味度の方が高いです



ちなみに初代ケームル人の声は、バルタン星人と同じです。また、ケムール人の頭部は、初代ウルトラマン最終話に登場した「ゼットン星人」に流用されてます@ヲタ知識w



そして有名な、パトカーに追いかけられて逃走するシーン。GIFなので携帯からは見えんかなぁ


クリックすると元のサイズで表示します


イヤな走り方をします。たしかにコレに追いかけられたら、かなりイヤというか気持ち悪いです。幼少期にこれを見てトラウマになった人ならば、恐怖を覚えても不思議やないですなw



とりあえず、Web版とはいえ、わざわざ新聞社が載せる内容ではないと思う。こういうのは「V I P で や れ」とw





まぁアレね、新聞社は別に公共の機関ではないし、そこが発行する新聞も公正中立なものではありません。新聞というのは、すなわち「イデオロギーペーパー」であって、その考えに同調する人達が金払って読む、そういうものなんですね



イデオロギーってのは、辞書で調べるとこむずかしい解説が載ってますが、簡単に言うと政治、社会に関する思想傾向ってところです。一般に右派・左派と分けられますが、そればかりでもありません



んで、イデオロギーペーパーなので「自分達の主張することは正しい!正義なのだ!」というスタンスで記事が書かれ、報じられます。一面的な思想が絶対正義などということは、まずありえないのです。しかし、彼らはそう書きます




これは新聞だけやなく、テレビも含めた、いわゆるレガシーメディア全般に言える傾向です。「我々の提供する情報は常に正しい」というスタンスで垂れ流してきました



インターネットが普及するまで、情報の主導権は彼らにあり、受け手である読者や視聴者は「テレビや新聞が言うんだから間違いない」的な考えが多数を占めていました。あ、いや、今でも結構多いですか



ところが、ネットによって情報の比較・検証が可能になったため、「新聞やテレビがいつも正しいコトを言うてるわけではない」ことがわかっちゃたのよね。それどころか「新聞やテレビはウソを垂れ流している」ことも判明したりw




毎日新聞が「変態新聞」と揶揄されるのは、同紙の海外版サイトにて「日本人は女性は変態でふしだらである」「日本人はエクアドルで子供を狩り、ベトナムで強姦をしている」「日本女性の55%は出会ったその日にセックスする」などという、日本人を貶める捏造記事を10年近くにわたって連載していたことがその理由です



■@wiki:毎日新聞問題の情報集積wiki



毎日の例は悪質ですが、他社も「正義」ではありません。ちゃんとした新聞社の書くことだから大丈夫♪なんてのは、思考停止してるに等しいです。まずは疑ってかかることですね



正義を装って、実は悪でした。そういうこともありえます。ケムール人よりも遥かに不気味ですわな
 
 

WOEP 公式website
↓クリックよろしく!



2010/11/14

癒しキャラ  ライブ・活動
 
本日は弾き語りライブ@太陽と月でした。お越しいただいたみなさま、ありがとうございます。いやーもうなんかめちゃくちゃ楽しかったなぁ。ついつい杯を重ねてしまいましたわ(汁



セットリストです



・焼酎
・命どぅ宝
・酒飲みワルツ
・ラムのラブソング(カバー)
・アナコンダ




ちょっと時間が押してたので、いつもより1曲減らしました。しかし、リクエストにお応えしてあの曲はやりましたよ。顔から火が出るかと思うた。うそですがw



今日は開演前からエエ雰囲気でして、こういう時はエエ感じのライブになるのだと予感。それは的中しまして、オープニングの店主キタニヤスタカさんからして、早速ヒートアップ。熱い(笑




そして久々に見るヒポポタミ


クリックすると元のサイズで表示します



いやー、これまた熱い!開演前は「ギターのトップが割れた orz」と凹んでたたーぼーも、ハイテンションでガンガンやっとりました。かっちょいいね!



続くKATOさんはベース単体でのインスト。ループマシンが欲しくなるなw。ラストは若き新星キタムラリョウくん。彼と一緒にやると、いつも楽しい。やっぱり彼の歌は好きやなぁ



おしまい。




あ、わしのレポートが無いw



詳しくはWebで!じゃなくて、キービーさんがblogで書いてくれたはります。お江戸からUSTREAMで見てくれはったみたいです。おおきにです。しかし便利な時代になりましたなぁ



まぁホンマ楽しかったです。店内の空気が「風」になっていく様も実感できたし、この不況の折でも、音楽は(たとえその場限りとしても)人の心をハッピーにするということも実感できました



音楽って(・∀・)イイネ!



ところで今日、面白いことを言われました。お店の女性スタッフからは「anbaさんが居ると和む」と言われ、ヒポポKumiちゃんからは「anbaさんが居ると安心する」と言われ、店主キタニさんからは「anbaさんが居るとメジャーリーグのストライクゾーンになる」と言われ、キタムラくんからは「anbaさんみたいなお父さんが居ればエエのに」と言われました



おう、褒められまくりだぜ!w



しかし、ふと思うた。ハードギアを身につけて、一見イカツイ系のようではあるけれど、実は周囲は「癒しキャラ」と見ているのかもしれん。ひこにゃんみたいなモンか?ちょっと違うか



さてと、それでは今宵は早めに寝ます。みなさまおおきに。ぐんない zzz
 
 

WOEP 公式website
↓クリックよろしく!



2010/11/13

ハレとケ  音楽総合
 
その昔は、レコード1枚買うにしても、なにがしかのドラマがありました。あちこちの店をまわって、ようやく巡り会えた1枚。そんなレコードも数多くあります



今はわざわざそんなことせずとも、通販でたいていのCDが買えますよね。amazonなんかは送料無料やし、お目当てのCDはネットで検索すれば見つかります。便利な時代になったものだ



しかしながら、簡単に入手できるがゆえ、購入過程にドラマは無くなってしまいました。ある意味「特別な時間」やったのに、単なる日常というか作業に埋没してしもた感があります



CDが売れない理由は、いろいろありますが、そういった特別感がなくなってしまったことも一因かもしれません




その昔は、百貨店へ買い物に行くことは、それはそれは特別なことでした。おもちゃ売り場も憧れでしたが、なによりも屋上遊園地、そしてレストラン。子供にとっても夢の場所やったのです



今は屋上遊園地もなくなり、高級感は維持してるものの、もう夢の場所とは言い難いです。量販店との差別化に苦労してるのは、そのあたりにも原因があるんやないかと思うてみたり




という2例を挙げてみましたが、まぁつまりは「ハレとケ」の境界が曖昧になり、みんなハレ!になったつもりが、それが常態化して、結局みんな「ケ」になっとるわけですな



特別な空間、特別な時間やと思うからこそ、そこには夢があり(夢があるような気がし)、ドラマがあり、行ってみたい、欲しいとなります。実利重視も大事なんやけど、そういう部分にはたらきかけない戦略はアカンと思いますね




さて、音楽屋にもまた、これに類することがあります



往々にして陥りやすいのが、ライブがルーチンワークになってしまうという「罠」です。それなりに緊張感や楽しさはあるものの、なんだか消化するだけで終わってしまうというかね、そういう感覚になりがちなんですよ



やる側が「ケ」になってしもたら、それを見せられるお客さんはどうしようもないですわな



だからね、音楽屋にとってのライブは、どこでやろうが何本やっていようが、いつも特別な「ハレ」でなくちゃならんのです。ライブというのは、とても特別な時間・空間で、そこには夢があるのです



お客さんがそれを感じてくれたら、もっと知りたい、また見たい、また行きたいと思うてくれるでしょうさ。音楽屋は、下向いて演奏と歌を垂れ流してりゃエエってもんじゃない。そこを特別な空間にするってコトも大事なのさ





そんなわけで明日は弾き語りライブでっす!


WOEPライブ情報

11月14日(日)
日本橋 太陽と月

19時OPEN、19時半START
当日1000円/要1drink
anbaのソロ弾き語り
vs:ヒポポタミ、キタムラリョウ、KATO




WOEPのライブが早々に年内ファイナルを迎えてしもたので、あとはわしの弾き語り活動のみになります。ヒポポさんも年内ラストライブになるようですので、みなさまぜひのお越しを!



明日はきっとハレるだろう♪
 
 

WOEP 公式website
↓クリックよろしく!



2010/11/12

正体不明  時事・社会
 
えらいアクセス数になってるので「なにごと!!」と思うたら、巡視船みずきの「喪章」で検索して来られたのですな。この件、やはり誤報というかデマでした。喪章に見えたのは電光掲示板であり、棺は海難事故で亡くなられた一般の方のものやったのです



予想通り、石垣の葬儀社には問い合わせの電話が殺到したようで、二階堂さんとこもクレームを受けて元記事を削除してます。Twitterやblog等で、この件が事実であるかのように拡散した方々は、ちゃんと詫びとくべきかと



でも、この問題に関心の高い人が多いというのは、非常にエエことですね。わしも頑張らねば!




ところで、なぜ民主党政府はいまだに尖閣ビデオを公開しようとしないのか。これについて、毎日変態新聞がその理由を解説してます。変態新聞なんかにリンクしたくないのですけど、好記事なので今回は特別にw



■毎日.jp:アジアサバイバル:転換期の安保2010 「尖閣」で露呈、外交の「弱さ」



記事によると、仙谷健忘長官が外務省を介さずに独断でシナと交渉(細野とかいう民主党のオッサンをシナへ派遣)し、「衝突事件のビデオ映像を公開しない」「沖縄県知事の尖閣諸島視察を中止してもらいたい」というシナ側の要求に応じた、とあります



つまり、ビデオを公開しないのは、仙谷が勝手にやったシナとの「密約」がその理由ということですな。アホらしい。これこそ外患誘致じゃないの?



まぁ予想外のことが原因で解散→総選挙があるかもしれない、というヨカンはあるものの、あるかどうかわからんコトに期待するよりも、こやつらを一日も早く退陣させるための手を、日々打っていこうと思うとります



可能ならば、退陣なんて生ぬるいものやなく、



クリックすると元のサイズで表示します



タロウさん(はぁとw




WOEPライブ情報

11月14日(日)
日本橋 太陽と月

19時OPEN、19時半START
当日1000円/要1drink
anbaのソロ弾き語り
vs:ヒポポタミ、キタムラリョウ






さてさて、時事ネタばかりやと重くなりがちなので、たまには娯楽的な記事でも書きましょかね。いつも興味深い記事を提供してくれる「In Deep」さんのところから、少々古い(9月)のエントリーを紹介



■In Deep:天文写真に写る直径240キロメートルの巨大な物体が地球に向かっている?



記事中にも但し書きがありますが、写真を見ただけでは、この物体?が地球に向かってきてるのかどうかは不明です。ただ、そこに「正体不明の何かが存在する」のは間違いなく、しかも地球から(天文的に)結構近い距離にあるというのが興味をそそります



この「正体不明の何か」は、最大部分が約240Kmで、現在は冥王星の軌道の外側にあるとのこと。その形状から、おそらく星ではありません




では、実際にご覧いただきましょう




Googleアースの宇宙版ともいえる「SKY-MAP.ORG」というサイトがありまして、そこの Find Objectと書かれた検索ウインドウに座標[19 25 12-89 45 03]と入力、対象を拡大していくと、確かに青い物体が出てきます



パソでネットに繋いでるなら、どなたでも見ることが出来ます。しかし面倒くさいというヤカラもいるでしょうからw、わしが撮ったスクリーンショットをご覧下さい



クリックすると元のサイズで表示します




携帯からやとわかりにくいので、その部分をさらに拡大してみましょう




クリックすると元のサイズで表示します




なんぞこれ??




これが地球上ならば、さしずめ「心霊写真」とでも呼ばれそうですな。しかしこれは、決して合成ではなく、実在する「よくわからないもの」なのです。青の中に大きな黒い部分が2カ所あるので、人の顔のように見えてしまいますねw



素人考えではガス雲なんですけど、それにしては一カ所にずっと固まってるのもケッタイです。そういえば「ウルトラマンメビウス」の劇中で、冥王星軌道の外には侵略宇宙人の軍団が大勢いてると、ゾフィーが言うてたような(笑



まぁホンマ、一体これは何なんでしょうねぇ?宇宙ってば面白い
 
 

WOEP 公式website
↓クリックよろしく!



2010/11/11

みずきの喪章  時事・社会
 
やっと「男前日記」のレイアウト崩れが直りました。原因は、右側に並べてる諸々のメニューの中にタグの締め忘れがあったことでした。本体のCSSを見ながら「うーむ、文法は間違ってないのに何故じゃ〜!?」と唸っておりましたが、思わぬところに落とし穴があった次第 orz



とりあえず、左右メニューのレイアウトはやめて、右メニューだけにしときます。最近は長文も多いので、こっちの方が見やすいですかね?またご意見下さいまし
m;_ _)m




さてさて、二階堂ドットコムという、まぁなんというか、結構古くからの情報サイトがありましてね。そこにこのよなネタが載っておりましたの



■ こりゃ一大事か???石垣海上保安本部での出来事!

<shinさんより>初めまして。日頃より貴サイトを見ているShinと申します。以後よろしくお願いいたします。二階堂様におかれましては日々の活動、並びに貴サイトの運営と御苦労様です。

今回の不審船事件に関連するのかどうかは不明ですが、先週6日の15時半頃、石垣海上保安本部に棺が運びこまれました。また喪服の関係者らしき方々が出入りしていたという情報も併せて聞いています。画像の提供も受けましたので二階堂様の方へ添付いたします。この情報が少しでもお役に立てれば幸いです。二階堂様の今後の活躍と体調が1日も早く復調する事を心より願います。




この文章とともに、石垣海保に運び込まれたとされる棺の画像が2枚(実在する石垣の葬儀社の車中にあるもの)と、近辺に停泊している(とされている)巡視船「みずき」の画像が掲載されています。「みずき」といえば、あの糞シナ漁船に衝突された船です



二階堂が激重なので、とりあえず「みずき」の画像だけを拝借して掲載



クリックすると元のサイズで表示します



むぅ…、たしかに喪章らしき黒い布が掛かってます。やはり海保に殉職者が出てたのか?にしても、「みずき」右舷後方の衝突痕って、キレイに直ってるのね



しかしネタ元は二階堂です。ごく稀にガチネタもありますが、ガセも多い。ということで、さくっと掘ってみたところ、この黒い布は喪章ではなく、電光掲示板を保護するためのものだという話が出てまいりました



いや、布に見えるものが実は電光掲示板なのだ、という話もあります。不審船を追跡・警告する際に、いろんな言語を表示させるためのものやとか。最近の巡視船には、このような装備がなされているらしいです。たまにパトカーにもあるよね



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します
※他の巡視船ですが、わかりやすい画像を追加しました



なるほど。たしかに電光掲示板です。喪章というのはガセですな



んで、棺が運び込まれたという話ですが、これではないかという話があります


■沖縄タイムズ:石垣島沖・パナマ籍貨物船連絡途絶 3人生存、1人死亡、1人確認中


つまり、別の海難事故による「土左衛門」ではなかろうかと。ぼくドザエもん。あ、こんなこと書いたら叱責が来そうだ。ということで、この棺についても、海保職員の殉職とは関係なさそげです



画像にあった葬儀社に電話をかけて裏を取った、というblogもあるんですが、これも「マイミクの○○さんがやった」とあるだけで、確たるソースではありません。というか、これは口蹄疫の時にもあった、ガセによくあるパターンなので、すぐには信じられんっすね



明日あたり、その葬儀社への電話が殺到しそうですけど、同社の通常業務に支障が出かねないので、やめたほうがエエかと思います。なので、あえて葬儀社の車が映ってる画像は載せないでおきました




まぁ民主党憎しはわかりますし、早急に政権の座から引きずり降ろすべきなのは激しく同意なのですが、ガセではアカンやろと思うのです。なんというかね、決定的証拠やないと、あいつらには「どこ吹く風」ですわ



今はとりあえず、ビデオの全編公開を待つしかありません。それよりも公安情報流出の方が大事件なんですけど、なぜかあんまり報じられないよね



なんとなく、APECの時に何かありそうなヨカンが・・・



WOEPライブ情報

11月14日(日)
日本橋 太陽と月

19時OPEN、19時半START
当日1000円/要1drink
anbaのソロ弾き語り
vs:ヒポポタミ、キタムラリョウ、kato

 
 

WOEP 公式website
↓クリックよろしく!





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ