2010/10/17

命あっての物種  時事・社会
 
尖閣諸島の「衝突事故」でシナに抗議しようと、昨日の10/16、東京港区で大規模なデモがありました。主催の「頑張れ日本!全国行動委員会」によると、開始時での人数は約3200人。デモ途中の警察発表によれば、参加人数は約5800人。すげぇ人数ですな。これが事実なら、保守系デモでは戦後最大規模になります



さらに驚くべきは、この5800人の人々が、整然と、実に平和的にデモをしていたことです。とりわけ海外からすると、それだけの人数が集まって暴動が起きないのは「アンビリーバボー!」らしいですわ



予想通りというか、メディアはこのデモを小さく報じるのみで、「参加者は2800人」という、よくわからない数字を出してくるところもありました。どれが正しいのやら??



■MSN産経ニュース:【尖閣衝突事件】東京の中国大使館前で2800人デモ、沖縄でも集会

■時事通信:尖閣問題で反中集会=中国大使館に抗議−東京(約3200人と報じる




いかにマスゴミが当てにならないか、よくわかります。ゴミを相手に「なんで報じないんだ!」と憤っても意味がありません。ゴミはゴミ箱へ。わしらは粛々と「やれること」をやっていくだけです



しかし、秋葉原で今日あったというデモには、ちょっと賛同しかねる。差別的暴言を吐いてまわるデモでは、一般の方々の同意は得られんわ。てか、保守デモのイメージダウンを狙ってジャマしとるんやないのか連中は?


※追記:17日の秋葉原でのデモは、どうも排害社という団体が主催したようです。サイトを見てみたら、モロに街宣右翼みたいなデザインだねぇ。えー、街宣右翼といえば構成員の多くが日本人ではないのですが、この団体は如何に?





逆に海外メディアは、16日のデモを結構大きな扱いで報じてます。なんなんだこれは



■euronews:Demonstration Island dispute strains China’s links with Japan

■大紀元 日本語版:東京で5800人が中国に抗議 中国各地でも大規模反日デモ





大紀元の記事にもありますように、四川省をはじめ、シナ各地にて大規模な反日デモがありました。イトーヨーカドーとかが破壊されたそうですな



で、あれです。天下のNHKさんは、東京のデモに対抗しての動きやないかと報じておられますが、


■NHK:反日デモ 日本の動きに対抗か


あのなNHKさんよ、シナってのは一党独裁体制で、国民が自由にデモなんか出来んのですよ。自由にデモやらせると、それが反中共の暴動に発展しかねんからです。それぐらい知っとるでしょ?なーにが「中国領と主張する団体」だ



しかも、シナ各地で起きたデモの画像を見ると、立派な横断幕とか作ってやってるやん。入念な下準備があったことは間違いなく、すなわちこれは、シナ共産党の主導による、予定されてた「官製デモ」なわけですよ



と思うてたらソースがついたw



■時事通信:反日デモ、実は官製=政府系学生会が組織−香港紙



NHKざまあwww



というかね、東京のデモは整然としていたのに対して、シナのそれは破壊を伴う「暴動」ですやんか。同列に並べるんじゃないよ。まぁ海外メディアは、その対比を見とりますがね



などと思うてたら、またしてもシナで反日デモがあった模様。単なるデモではなく、今度は暴徒化しており、警察も制止できず暴動に発展中とか



■MSN産経ニュース:綿陽のデモ暴徒化に警察傍観 路上の車、次々に破壊

四川省のデモは社会不満がエスカレートか 政府、制止できず衝撃




四川省って、あの大地震のあったところですよ。そりゃ社会不安も溜まれば、中共への不信も高まってきてることでしょう。反日デモが反中共デモになるのも、こりゃ時間の問題かも




とりあえず、





在留邦人のみなさまは大至急逃げてくださ〜い!




命あっての物種だぜ!
 
 

WOEP 公式website
↓クリックよろしく!





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ