2010/10/16

表現の風  ライブ・活動
 
本日は太陽と月にて弾き語りでした。お越しいただいたみなさま、ありがとうございます。USTREAMで見てくれたみなさまもありがとう。いやー、エエ感じでした。共演のきのしたあきらさん、種まきピアニストりほさんも素敵で、実に楽しい夜でした



セットリストです


・日本酒の実力
・花太郎
・ちんちん電車
・たまには泣いても
・キューティハニー〜魔女っ子メグちゃん(カバー)
・燃える男の唄



前回のリクエストにお応えして、キューティハニーやっちゃったよ。キーが同じなので魔女っ子メグちゃんとメドレーにしちゃったよ。おっさんは何やっとるんだか(汁



キューティハニーは、コード進行がかなり面白いです。なんというかね、思わずニヤッとしてしまう進行なんですね。ちなみにハニーもメグちゃんも、作曲は渡辺岳夫氏。この頃はAmキーでDを使うのが、氏のマイブームやったのでしょうかw



「次は『うる星やつら』をやって」と言われました。おいおいおい、さすがにそれは無い。てか、アニソンで女性歌手が歌ってる曲は、ヒジョーに難しいのですよ orz



まぁ気が向いたらやります(笑




終演後、いろいろ話をしてました。会話の中のちょっとした言葉が、誰かにとって新しいヒントになり、それがどこかで芽吹くことがあります。表現もまた然り。



表現ってのはアレですな、いかに見る人(聴く人)の心に「風を吹かせるか」、それに尽きると思います。止まってる空気を「風」にするのが表現である、とも言えますか



超絶技巧による「風」であっても、その人の持ち味による「風」であっても、なんでもいいのね。うまいヘタじゃないんだな。どんなカタチであれ、風が吹けばそれでよいのです



鋭敏な感性をお持ちの方でしたら、素晴らしいライブパフォーマンスを見た際、ステージにドッと空気が集まっていくような感覚を覚えたことがあるでしょう。見てる側だけやなく、やってる側(音楽屋自身)もそれを感じてるはずです




では、どうやって「風を吹かせる」のか?




これだ!という答えはないです。表現が千差万別ならば、答えもまた千差万別やからです。それを探求していくのが「精進」なんやないかと思います



そのプロセスでは、不安になったり苦悩したりすることも、しばしばあるでしょう。そういう時はね、自分の表現をちゃんと見てくれる人達、そしてその空気を感じることですね



決してイエスマンだけを信じろという意味ではありません。また、とにかくスポイルしたがる人間の言葉に、本気で耳を貸す必要もありません



結局は「自分の感性を信じる」ということになりますかね。表現ってのはそんなもんです




では今夜は寝ます。ぐんないzzz
 
 

WOEP 公式website
↓クリックよろしく!





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ