2010/10/6

オープンマインド  音楽総合
 
今週の日曜は、久々にサウスで弾き語りなのです!



WOEPライブ情報

10月10日(日)
堺市美原区 BAR South or North

18時半OPEN、19時START
TC 300円/要 drink
anbaのソロ弾き語り




あいにくの雨予報じゃまいか。うーむ、チャリライダーにとって、雨天の長距離、しかもギターを背負ってのライディングは、はなはだ厄介であります。ロデムとかロプロスを呼ぶしかないなw



しかし、たぶん晴れるでしょう。なんせ晴れ男のわしが動くのです。最近ヘルニアが再発してますので、腫れ男という説もあります(涙



とにもかくにも、久々のサウスですので、気合い入れてやりますよ!新ピックアップのお披露目もありますし、カバーもやります。今回は何が出るかな〜?ということで、お近くの方はぜひのお越しを♪




弾き語りにしてもバンドにしてもそうですが、その音には、いい意味でも悪い意味でも、演奏者そのものが出ます。性格、考え方、今の精神状態、そういうのが垣間見えるというか、場合によってはモロに見えるのです(笑



いい意味で見られるのなら問題ないのですが、悪い意味で見られる(いや、露出してるか)のは、エエ気分がするものではありません。ですので、特にアマチュアの多くの方々は、それを隠そうとします



で、余計にドツボにはまることが多々あり。うまいけどオモロない、というのも、その一例。カタチだけにとらわれていると、そうなりやすいです



基礎や土台がグラグラやのに、上にどれだけ立派な建物を造ってもダメさ〜、てことやね。見抜かれるのはシャクやろうけど、そこはもう、隠したりせずに「見ろー!」な裸スタイルでエエんとちゃいますかねぇ



それで叩かれたり、批判されたりすることもありますが、それもまた成長の糧ですわ。学んでいけばいいんですね。時間はかかっても、いずれそれが「いい意味で見られる」ことにつながっていきますから



裸であるということは、心の動きが見えるということでもあります。これすなわち「表現」なのです。隠してたら表現にはなりませぬw




なんというか、カッコつけずにカッコよく!てな感じですかね




音楽に限らず、絵や造形、演劇でも同じかと思います。あ、文章もそうだ。blogなんかにしても、わしが読んでて面白いなぁと感じるのは、文章力そのものよりも、その人となりが出てる、心の動きが見えるような内容ですわ



表現において大切なのは、技術や想像力とともに、いや、それ以上に「OPEN MY MIND」やないかと思うのです
 
 

WOEP 公式website
↓クリックよろしく!





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ