2010/10/2

新システム  音楽総合
 
わしの愛機「人生ギター」。クリックすると元のサイズで表示します正しくは人生ギター・アコギバージョンです。エレキのが本家なのねw



なんで「人生」って書いてるの?と時々聞かれます。これねー、最近ライブに登場させてませんが、わしのメインギター(SCHECTERのパールピンクのやつ)に「生」という文字を入れたのが始まりなんですよ



「生=Live」というつもりで入れたんですが、どうせなら「人生」のほうがよかろう、ということで文字を変更したのです。まぁ曲調にも合うてますし(笑




さて、このアコギ人生ギターは、いわゆるエレアコではありません。ゆえに、ライブ等で音を大きくしなけりゃならん際には、マイクで音を拾うか、あるいは小型マイク(ピックアップ)を本体に取り付けてライン出力するか、どちらかが必要になります



ただし、エレアコとして造られてない通常のアコギは、内部のブレイシング(ごく簡単に言うと木枠の組み方)がエレアコ仕様とは違いますので、ヘタにピックアップを内臓すると、ハウリングマシーンになってしまうことが多々あるのです



これまで、このアコ人生ギターにも、様々なピックアップを載せ、また様々なシステムを試してきました。ユニークなものとしては、マグネティックPUと小型コンデンサマイクを組み合わせたコレがありましたねw



しかし、小音量では大丈夫でも、そこそこのボリュームにするとハウりまくったり、あるいはアコギというよりもエレキ?みたいな音になったりで、なかなかうまくいっておりませんの(涙



そんなわけで、現在の弾き語りは、セイモアダンカンのマグネティックPU(たしかWoodyなんとかっていうヤツ)をサウンドホール部に取り付けて、音を出しております。あくまでも「アコギっぽい音」を出してるだけで、本来のこのギターの音は出ておりません




そして幾月か経ちまして




ようやく決心しました。こやつにピックアップを内臓してやる。しかもコンデンサとピエゾの2発だ。ケツに出力ジャックも取り付けてやる。ドリルでギュイーンだ。どうだ、これなら少しは原音に近づくはず!



早速ドリルで穴あけ。ジャック用には12mmの穴を正確にあける必要があります。楽勝楽勝♪







し、失敗した orz






このギター、ケツもバインディング仕様になっとるのですが、それがちびっと割れた(涙。まぁ本体木部にはまったく問題ないので、割れたバインディングを接着剤でひっつけてごまかし(逃



その後も意外な苦労の連続。ボディが大きめなので、ケツに開けた穴からジャックを出そうとしても、サウンドホールから手が届かないのです。やむなく長めのドライバーで誘導。なんとか「こんにちは」してくれました



次に、ピエゾの位置がなかなか決められません。ちょっとした違いだけで、音が大きく変わってしまうのです。むむむ



それが終わったら、次はコンデンサマイクの位置にも悩みまくり。うおー、予想外に時間がかかるやないの!




しかしながら、苦労の甲斐もあって、改造&取り付け完了。明日に微調整しましょう。新システムのライブデビューは、10/10のサウスになりますね〜



クリックすると元のサイズで表示します
 
 



WOEP 公式website
↓クリックよろしく!





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ