2010/3/13

ネルネル  日常たわごと君
 
チャリンコでライディングしてますと、あちこちから子供の咳が聞こえてきます。それも、猛烈に痰が絡んだようなエグイのが。どうやらタチの悪い風邪が流行ってるようですな



んで、ちょっと前から風邪気味というわしは、同じタイプにやられてる模様(涙。なんとか気力と体力で抑え込んでたのですが、今日は高熱が出てしまい、珍しく仕事上がりにダウン。仮眠してました。おはよう、ヤマトの諸君 orz



おのれ風邪!お前と遊んでるヒマなどないわ!#



それでもまだ、なんとかノドに炎症が広がるのは阻止してます。いちおうボーカリストですし、来週からはライブも控えてますので、ここで食い止めとかんとね。ぜってー気合いで負けんっ!



そんなわけで、熱が出てるせいなのか、気持ちのせいなのか、よくわからないけど熱いです。ただでさえ「暑苦しい」と言われること多々ありやのに(笑



いやいや、人間、熱くてナンボです。生きてるんやから、そりゃ熱い。熱くなることを笑う時代が長く続きましたが、もう終了。クールに見せても中身は熱く!これからはコレです、わしが決めましたなうw



熱いというてもですね、いろいろございます。ロックで言うところの初期衝動的な熱さ、がむしゃらな熱さ、破壊的な熱さってのもありますが、そういうのはホンマに最初だけね。続かないのですよ



だから、勢いだけにまかせるんやなく、練っていかんとあきません。熱さを練るのです。練ることによって、冷めにくい熱さになり、さらに熱くなっていくのです。ねるねるねるねなのですw



年齢を経るってーのはそういうことやないかと、最近思うとります。それにしても熱い。また熱がぶり返してきたかも orz




あ、そうそう。「子供」を「子ども」と表記するのは疑問や。という件についてコメントいただきましたが、こちらでも回答しときます



「子供」という表記は、子を神様に「お供えする」ことに由来する。というのが、「子ども」表記推進論者の考え方です。しかしながら、はっきり言いますと、アホの言いがかりですね



「供」という文字は、たしかに「お供え」の意味もありますが、複数形を意味する文字でもあります。つまり、「子」という単数形が、「供」をそえることで複数形になると。ただそれだけのことなのです。それからすると「子供達」というのは誤記ということになります



だいたいさ、「供」がすべてお供えを意味するってーのなら、時代劇でよくある「者供、であえ!」はどうなるのさ?家来を全員お供えするのか?ww



くだらない言葉狩りですよ。なんでも平仮名にしたがるのは、思考停止の罠やね。さってと、寝よ寝よ
 
 

WOEP 公式website
↓クリックよろしく!

タグ: 子供 子ども 表記


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ