2009/10/26

きっかけ  音楽総合
 
「けいおん!」というアニメが流行ってるそうです。原作は4コマまんがで、萌え系少女達が軽音楽部で活動する、ほのぼの青春グラフィティってな感じの内容らしく、それに影響されて楽器を買うヲタさんも増えているのやとか



一部の音楽屋さんには、そういったアニメで楽器を始めることに対して、批判的なヒトもいてます。やーもー、音楽や楽器に興味を持ってもらえるなら、きっかけは何だってよろしいやないですか。とわしは思うんですけどね



続く、続かないなんて、それこそ本人次第の話。たとえ「けいおん!」や「Beck」といったアニメがきっかけであっても、そこからさらに深く音楽への興味を持つ人は、少ないながらもいてることでしょう



きっかけは、しょせん「きっかけ」に過ぎないのです。きっかけは、継続を保証するものではないし、継続をうながすものでもない。その責任を負う必要もない。本人がどうするか、だけですよ




「初音ミク」という大ヒットしたバーチャルボーカリストソフト(VOCALOID)がありますが、あれにしても、DTM(デスクトップミュージック)に興味を持つキッカケとなった人もいてます。一方で、一時的な興味だけで購入し、使いこなせず放棄したヒトも多数いてます



放棄したヒトが多いからというて、「初音ミクはDTMを衰退させた」と語るのはスジ違いです。どんな世界でも、にわかで終わってしまうヒトはいてますやん。それはあくまでも本人の問題ね



それを言うなら、たとえばグループサウンズに影響されて楽器を始めたヒト、フォークブームに煽られてギターを買うたヒト、ジャパメタブームに影響されてエレキギターとディストーションを買うたヒト、等々




その中でどれだけの人が、現在まで継続してやってますかね?




ジャパメタ(ジャパニーズメタル)ブームの頃なんて、わしの周りはエレキ弾きだらけでしたよ。今じゃほとんどのヤツが、ギターもバンドもやめてるけどねw



きっかけなんて何だってエエんですよ。人生、何がどう転ぶかなんてわかりません。ひょんなことで恋に堕ちる男女もいてます。きっかけをその後どうするかは、その本人の問題。反社会的でないのなら、いちいち批判する必要なし、と思うんですけどね
 
 


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ