2009/10/20

邦ロック  音楽総合
 
時々「日本のミュージシャン、どんなん聴いてた?誰に影響受けた?」などと聞かれます。わしの場合、「菊池俊輔!渡辺宙明!」と答えるのがスジかもしれませんが(笑)、こういう質問の裏には「ロックで、ポップスで」という意図があります。その問いには返答に困るのです



というのは、まず、それほど国内のロックを聴いてなかったこと、ほんで、影響を受けるほど聴いたヒトもいてへんということ、そやからです。あんな演歌くさい曲を書いてるくせに(笑



あ、いや、決して不遜なのではないですよ。たぶん普通に音楽聴いてる方々と同じくらいは聴いてたかと思いますし、毛嫌いしてたわけでもないのです



ただ、わしが音楽にどっぷりハマったのは洋楽がキッカケでしたので、当時はそっちをメインに追求しとったのですね。小遣いもロクに無いガキが、洋邦両方のレコードを買えるはずもなく、まぁ邦は後回しになっていた次第で(汗



あと、これは当時のレコーディング環境によるものなんですが、洋楽に比べると、邦ロックの音質は、なんというか軽く聴こえましてね。それが敬遠の理由の1つにはなってたかもしれません




そんなわけで、後追いで聴いてます。現在ではYouTubeなどに古いライブ映像がアップされてたりしますので、ありがたく拝見してますw。いや、マジで後追いストにとっては、ああいうのは助かるのです。違法かもやけど(汁



で、70〜80年代の名だたるところ、一度でもその名を耳にしたことがあるミュージシャン達を再度チェックしてるのですが、まぁ懐かしいやら面白いやらで、時間がアッちゅう間に過ぎていきます(大汗




あらためてライブ映像を見ると、なるほど、たしかに評価の高いミュージシャンは、とてもええライブをしてます。演奏がそれほど上手くなくても、実にええノリやったり、テンションやったりしてるのです



意外と言えばファンに怒られるかもしれませんが、アナーキー(当時)のライブが実に良かったです。歌詞や「亜無亜危異」などという煽りはしょうもないのですが、演奏はホンマにロックンロールしてますわ



逆に、そこそこ名が知れてたわりには、おもんないライブというミュージシャンも多々あります。好みの問題もあるかもしれないので、ここでは名前を挙げませんが、つまらん連中はどの時代にもおりますなぁ




そうそう、冒頭に名前を挙げたお二人は、特撮テーマソングの大家ですよw
 
 


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ