2009/10/9

ビール  
 
ザ・ビールくんから、クリックすると元のサイズで表示しますザ・ビールを頂きました。なんのこっちゃとお思いでしょうが、例の祝い酒です。ビールくん、おおきにです



よなよなエールでお馴染みのヤッホーブルーイングが誇る、激ウマ缶ビールセットです。サンサンオーガニックビールって、初めて呑んだのですけど、ンマイなこれ。後味トロ〜リ感ありで、しかもサラサラしてます。また、今年の軽井沢高原ビールも、女性が喜びそうな爽やか感あふれる味で、実にエエ具合です



てか、ここが出してるビールは、何を呑んでもンマイのです。主力商品のよなよなエールは、これほどのンマさでありながら、お値段260円。プレミアムモルツを買うのがアホらしくなりますよマジで



小規模メーカーが頑張ってこの味を出してるのに、なんで大手メーカーには出せないのか。という素朴な疑問が浮かびますが、日本での主流は(下面発酵の)ラガービールですので、売上の見込みにくいエールビールは造りたがらないのやないかと思います。そう考えて合うてる?(笑




ビールなんてどれも同じぢゃないか




呑まないヒトはそう思うてるかもしれませんが、ノンノンノン。違います。まーーーったく違います。別物です。ウンチクを語り出すと長くなるので、たとえばラガービールとエールビールの違いを、ウルトラ大雑把にお話しますと、



ラガーは、炭酸のシュワシュワ感と苦みを味わい、喉ごしを楽しむビールといわれてます



一方のエールは、複雑な香りとコクを特徴にしていて、舌で楽しむビールといわれてます



「ビールは苦くてヤだ!」というヒトは、エールを呑んでみるとよろしいかと、たぶん、ビールに対する考えが変わりますよw。中には苦いエールもありますが、フルーティでンマイです



もちろん、ラガーでもンマイビールは多数あります。ただし、ラガーは冷やして呑むのが基本ですので、お腹の弱いわしには大敵になりかねません(汁。わしはやっぱり、常温でもおいしく呑める、エールビールが好きですわ




しかしながら、こんなにンマイのに、エールビールは少数派なんですよね。エールの本場・イギリスでも、現在はラガーが主流やそうです。うーむ、なんだかなぁ



エエもんが多数派とは限らない、多数に受けてるモンがエエもんとは限らない、てことですかね。できればウチも、エールビールのような、複雑な香りと深いコクを持った音楽をやっていきたいものです。少数派ですがww orz
 
 




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ