2009/10/5

どうよ?  音楽総合
 
この日記は無料レンタルblogを利用してますので、イヤでも広告がついてきます。で、昨日はこのよな広告がついてきました



クリックすると元のサイズで表示します


「ぶっちゃけオレの曲どうよ?」
デモCD配布と試聴アンケートで実感 オリジナル曲への反応を調査します




というもの。むむむ、新手の商売か?と思うてクリックしてみると、なんのことはない。無料配布のオムニバスCDに参加しませんか?の類です。他と違う点は、それを聴いた人達(約100人)からの「感想や評価」を、ほぼ確実に得られると謳ってることですか。てか、それが売りですな



ちなみに、以下のようなコンセプトでやっておられるそうな



【サウンドワーニングプロジェクト(Sounf Warnning Project)】とは、現状の音楽業界の販売・流通システムなどにとらわれず、まだシーンに現れていないアーティストと、新しい音楽との出会いを期待するリスナーを、「曲を聴き、評価する」 ということをキーポイントに、直接結びつけていくことを目的としたプロジェクト



なるほど。



自分の曲を発表する限りは、それが世間的にどの程度の評価を受けるシロモノであるのか知りたい!そう考えるのは、音楽屋として、ごく自然なことやと思います



とは言え、ペーペーのアマチュアがWeb上で音源を公開・配信しても、意見や評価を得ることは難しいです。配信サイトのランキング上位にいけば、あるいは可能なんでしょうが、友達少ねぇ音楽屋が上位にいくのは、それこそ至難のワザ(汁w



自サイトやBLOGに、知り合いがコメントくれたとしても、それは身内びいきの内容であって、本音やないかもしれません。身近な友人に聴かせても、気を遣った意見しか返ってこないことも多々あります。場合によっては、その音楽屋自身が「アイツみたいに音楽わかってへんヤツに評価されたくないわぃ!」と考えるかもしれませんし(笑



ほなライブでアンケート採ったらええやん。と思うでしょうが、ところがどっこい。アンケートの回収率って、平均ナンボぐらいか知ったはります?



ウチがライブハウス主体で活動してた頃、データをとってみたことがありましてね。演奏時に場内で聴いてくれた人達で、アンケートを書いてくれたのは、だいたい15〜25%ぐらいでしたわ



そう考えると、約100人分の意見や評価が、一気に、しかもほぼ確実に得られるというのは、なかなか魅力的かもしれません



ただ、この「100人」は、無作為に抽出した人達とは言い難く、こういうカタチでアンケートモニターとして応募された方々ですので、そこんとこどう考えるかですね。あと、参加料18,250円を高いと思うか安いと思うかは、アナタ次第です。ってかww




ウチには、まぁ必要ないっすね(笑
 
 


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ