2009/10/3

バトンタッチ  日常たわごと君
 
わしが行ってる仕事場には、老若男女、いろんなヒトがいてます。就職難のご時勢のせいか、ここんところ20代前半の若者が増えてきまして、今日はそんな彼らのお話を



やんちゃそうな風体をしていても、基本的に今の若者は、仕事においては真面目なのです。ほんで、適度に器用です。言われたことは、とりあえずソツなくこなしよります。ひと昔前に比べると、基本スペックが上がったのですかねぇw




が、しかし




言われたコトしかやらねぇんですよ(汗。それに付随して必要なことで、ちょいと考えればわかるようなコトであっても、やりたくないのか、あるいはまったく気付かないのか、ホンマやりません orz



最も困るのは、次の人にバトンタッチすることを考えた仕事をしないこと。とりあえず自分の分だけこなしてら、それでええわ。てな感じ



で、別の人が持ち場を交代してみたら「ぐわ!なんじゃこれ!」みたいな状態になっていて、それを修正するのに手間取り、結局2倍の時間がかかってしまうことも多々あり orz



ゆえに、1から10まで言わんとあきません。まるでアホの子を相手にしてるかのようです。うちの仕事場だけかもしれませんが、そういう若者、めっちゃ多いですよ



まぁ自分自身も若い頃、同じようやったかもしれんと思うと、憤慨するのはお門違いかもしれません。それに、社会経験の少ない若者には、配慮に未熟さがあるのはやむをえないですし



ただ、同じ失敗を繰り返したり、注意されても「すいません」ではなく、「あ…」で終わるのがね、オッサンにはどうも解せんのですよ。彼らの親はわしと同世代やと思うけど、どんな教育しとるんだ?




「言われたこと以外やらない君」の他に、同種として、


・これぐらい別にええやろう君
・誰かがやってくれるやろう君
・後でやったらええやろう君



そんな人達もいてます。あ、これは若者に限ったことやないですねw




なんつーかさ、たった1人でやりきる職人を除いて、仕事ってのは基本チームプレイですやん?指示にないことであっても、互いに推測し合い、よりよりパフォーマンスを導き出すのが「大人の仕事」やと、わしは思うんですがね



上記のような「やらない君」「だろう君」は、チームに迷惑をかけて、その足を引っ張ってるわけですわな。しかも、本人にその自覚が無いことがメッチャ多いです



なので、そういう連中には年齢を問わず、徹底的に指導するようにしてます。うるさく言われたくなかったら、大人の仕事が出来るようになればよい。自由が欲しいと思うんやったら、責任を取れるようになればよい。バトンタッチもマトモに出来ん人間に、甘い顔をする必要はない。と考えるからです




やさしさは甘さなんかじゃない。
 
 


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ