2009/10/2

スターのタフネス  スポーツ総合
 
ナックル姫こと吉田えり投手が、所属していた関西独立リーグ神戸を退団するのやとか


■デイリースポーツ:吉田えり 神戸退団…涙なくラスト登板


1年も経たないうちに退団するウラには、信頼していた監督の解任、リーグの資金難による給与遅配などによる、球団への不信感があるようです。オトナの事情で翻弄された吉田さんは、お気の毒としか言いようがないです



まだ若いことですし、アカンところにはさっさと見切りをつけて、また新たな場所で野球を続け、頑張ってもらいたいです。彼女を「客寄せパンダ」にしようとした大人達は猛省すべし!



だいたいね、関西に野球の独立リーグってのが、浅はかやったとしか思えんのですけどね。四国はまだわかる。だってプロ野球の球団がないもん。しかし関西には、阪神タイガースと、オマケでオリックスがあります。一般人にしてみれば、それでもう、お腹いっぱいですやん




スポーツも、一見すると華やかな世界に思えますが、興行としてはキビシイ世界です。ゆえに、近年はやたらと「スター」を作りたがる流れにあります。卓球の愛ちゃんしかり、バドミントンのオグシオしかり、ビーチバレーの浅尾しかり



エエ試合さえやっとりゃ客は集まる、てなわけはなく、外に向けて発信しやんと興味すら持ってもらえません。スターやアイドル選手の存在は、一般客にアピールする格好の材料なのですな



が、しかし。結果がズバリわかるスポーツにおいて、実力がハイレベルではあるけどトップではない、けれど(ルックス含めて)スターに祭り上げられた人達自身は、複雑な胸中やろうなぁと思いますよ



すごいよねぇ、彼らのメンタリティって




そう考えると「創作意欲が湧かない」とか何とか言うて、酒やヤクに溺れる一部のアーティストさん連中は、どうも甘ちゃんに見えてしゃあないです



さらに一部のアホは、「ロックやるんやったら葉っぱぐらいやっとけ」などと言うとります。そういう方々には、この駅名をお届けいたします






クリックすると元のサイズで表示します



音楽屋もタフでありたいものです
 
 


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ