2009/7/24

ギターボーカル  音楽総合
 
最近ギターの話を書いてませんよね。と言われました。あうあうあう、ホンマそうでした。このblogの検索ワードの1位は「ギター」なのです。にもかかわらず書いとらん。あうあうあうw



だってねー、「ギターの話書かれてもわかれへ〜ん」という声も多々あるのですよ。まぁそれを言い出すと、時事問題書かれてもわかれへ〜ん、人生話書かれてもわかれへ〜ん、このblog難しすぎるわ〜。てコトになるのでしょうけど(笑



難しいですかね?専門用語出す時には、なるべく解説つけたりしとるんですがね。うーん、不特定多数を相手に書くというのは、やっぱりムズカシイ orz




そんなわけでギターの話です(ぉぃww




ここんところ、ギターボーカルのイメージが定着しつつあるanbaです。こんばんは。わしがボーカルやるようになってから、なんと今月で早や2年が経ったのですよ奥さん!w



わしのことを「もともとボーカルの人。で、ギターも弾ける」と思うてる人も、徐々に増えてきてるようです。逆だ逆w。本業はギターやったのですよ。WOEP初期は、コーラスらしいコーラスも、あんまりしてなかったぐらいです



さすがに2年もやってると、自分自身もギターボーカルが馴染んできてます。まぁ、責任が集中する、アクションがやりにくい、以前のようなガガガガというギターに(歌いながらでは)まだまだなりきれてない、という課題はありますが、やってみると面白いモノです




弾きながら歌う、歌いながら弾く、どっちでもええんですが、慣れるまでは結構面倒です。単純に考えて、


1:歌のメロディー
2:歌詞
3:歌のリズム
4:コード進行
5:左手のフォーム
6:右手のピッキング
7:ギターのフレーズ
8:ギターのリズム
9:曲の構成



これだけのコトを同時にやらねばならんからです。細かく見ていくと、さらに項目は増えます。おまけにアクションやパフォーマンスが加わると、もうギョエ〜という感じですな、うんw



したがいまして、ギター専業やった時のように、真っ白になることが出来ません。冷静さを保っとかんと、現時点のわしのチカラでは、どっかアチラの世界にフラフラと行ってしまうのです。そこんとこがジレンマやね〜



おそらく、上記の項目で考えると、それらを1つのテーブルで同時に並行処理。というのではなく、9層構造と捉えて、9つのテーブルで処理する。というのが正しいのでしょう。ははは、道は長いな orz




ま、ぼちぼちまいります。




ちなみに、弾き語りでのギターボーカルと、バンドでのギターボーカルは、まるで別物です。どちらが楽というものではなく、別物なのです



別物ではありますが、すんげぇ参考になるギターボーカルを見せてくれる人も、世に大勢いらっしゃいます。中でもこのヒトは、声、歌い方、曲の美しさ、そしてギターの超絶さと弾き語りアレンジのカッチョよさ、ホンマ素晴らしいです。いっぺん見て下さい


■YouTube:村下孝蔵「踊り子」







ところで、映画版「ハリーポッター」シリーズで、ハーマイオニー役をやってるエマ・ワトソンさんが交通事故で脂肪。というニュースが一部で流れてましたが、デマです。どうやらガセネタで注目を集めて、詐欺サイトへ誘導するのが目的やった模様



いや〜、インターネットてホントにコワイですね〜w
 
 


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ