2009/7/20

モエルゴミ  くらし
 
近所のコンビニ前にあるゴミ箱。クリックすると元のサイズで表示しますなーんか違和感があるなぁ。と思うてたら、あぁそうだ。たいていのトコロなら「もえるゴミ」と平仮名で表記するところを、漢字で書いてるからですなw



燃えるゴミ。やってやるぜ!みたいなゴミですかね。「燃える○○」と書くと、動詞ということもあり、「自ら○○する」ってな意味合いになりますので、このゴミ箱のゴミは燃えているわけです。んなこたあないww



まぁ「もえるゴミ」という言い回しも、よくよく考えてみるとヘンです。正しくは「もやせるゴミ」になるのでしょうな



一説によると、「れる・られる」という言い回しは、日本語としては正しくないそうな。てことは、「もやせるゴミ」もダメで、「もやすことができるゴミ」というのが正解になります。長いw




漢字で書くなら「可燃ゴミ」でよろしいww




それにしても、いつ頃から「燃えるゴミ」なる表記が広まったのでしょうか。いや、言わんとする意味はわかりますし、それで現状は十分通じてるのですが、上に書いたように、本来使用されるべき言葉=「燃やせるゴミ」とは違いますやん?



それに、「燃えるゴミ」というならば、燃えるモノなら何でもOK!という意味にもなります。たとえば、自治体の条例で禁止されているようなブツであっても、それ自体が可燃性のモノならば、捨ててもOKになりえます



「燃やせるゴミ」ならば、ある一定のルール下において「捨ててもよい」という意味になります。なんでコチラを採用せず、「燃えるゴミ」という表記が一般化したのか?謎が謎呼ぶ殺人ン〜事件ン〜♪w



ほなアレですかね、「燃える男の唄」は、「燃やせる男の唄」ってコトになるんですかね?ww




あとね、やっぱり平仮名はヤメい。なんでもかんでも子供化し過ぎやろ。それに、「もえる」と書くと、「燃える」なのか「萌える」なのかわからん。ってわしだけですかwww
 
 




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ