2009/4/21

SNSの違い  PC、ネットなど
 
うおー、部屋の中が箱だらけっす!箱詰めすると、予想以上にかさばってしまい、とんでもない量の荷物に見えてしまいます。いや、実際に量は多いのですが、なんかダンボール王国の様相を呈してきたのですよ(涙



どうか地震が起きませんように
(-人-)



さてさて、MySpaceにページを開設して10日が経ちまして、いろいろ感じたことありにけりです。まず、キービーさんのblogにもありますが、自分のページのデザインをカスタマイズするには、それなりのHTMLタグやスタイルシートの知識を要求されますので、なかなか面倒です



国内のblog(たとえばこのAutoPage)やSNS(たとえばmixi)などの場合、たいていサービス側が用意してるテンプレートがありますし、カスタマイズについても、いくつかのボタンを選択すれば、簡易なモノなら出来るようになっています




MySpaceにも、いちおうプロフィールエディターはあるのですが、上記のように「ボタンをいくつか押せば、ハイ出来上がり」なものではなく、エディターで生成されたソースコードを、自分のページの指定箇所に、いちいちコピー&ペーストせにゃならんのですよ



ま、やってることは同じなんですが、その手間がある分、国内の至れり尽くせりサービスになれたユーザーにとっては、かなり面倒で、敷居が高く感じられるのやないかと思います。実際、国内のMySpaceに登録している一般ユーザーは、mixi等と比べると非常に少ない印象があります(※音楽屋ばっかりですよマジで orz





それと、やはりアチラのSNSですので、英語が基本言語になっています。いや、日本語も問題なく使えるのですが、ユーザー数は圧倒的に海外のほうが多いため、コメントやメッセージ、あるいは自分の紹介文等は、英語を主体にせざるを得ないのですね




久しくマトモな英語を使うてなかったので、すっかり忘れてますわwww




カスタマイズが面倒な上、不慣れな英語が主体となると、mixi等の一般ユーザーがMySpaceに乗り換えることは、ちょっと考えにくいですね



国内の一般ユーザーが増えにくいということは、そこにページを開設しているウチらのような音楽屋にとっても、魅力薄ということになります。実のところ、無名音楽屋同士で宣伝し合ってるのが、MySpace Japanの現状ではないかと思います



ま、いずれ他の国内SNSを吸収するか、もしくは撤退するというカタチになるでしょな。mixiとユーザーを共有するというのも、ありえん話ではないですw




個人的には、ソースの記述は、面倒やけど面白い。英語についても、ブロークンやけど、なんとなく面白い。両方とも勉強すれば済む話やと思うてますので、特に問題ではないっすね



それよりも、外国人特有の「押しの強さ」とか「遠慮の無さ」とか、あるいは「これでもか!」と言わんばかりにギッシリと文字や絵を詰め込むようなデザインとか、そういうのを見てると、




あー、これだねぇ〜




と思うてしまい、というか思い出してしまい、妙に懐かしいような、気楽なような、それでいて緊張感があるような、そういう気分になれるのがエエです(笑
 
 


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ