2009/4/3

久々に時事です  時事・社会
 
明日はジョンイル君主催の花火大会があるとかで、近隣住民としては迷惑この上ないのでございます。「うちが打ち上げた花火の破片が、もしもアンタんトコに落ちそうになっても、それ撃ち落とそうとしたら『宣戦布告』になるんやでぇ〜」と言うてきてます。アホの国の言うことは意味がわからん



人工衛星を載せたロケットが上空を通過するだけなんやから、あたふたするな。という論調も一部にあります。面白い人達です。ほな、その方々の自宅の上に、有毒燃料満載のペットボトルを飛ばしてもOKなわけですな?ww



上空うんぬんではなく、こっちに向けて撃つのが問題なのですよ。実験なら公海上でやれ。そのあたりをゴチャまぜにして、とにかく政府を批判しとけ!みたいな方々は、朝日新聞的論法に毒された、かわいそうな人達ですな。わしに言わせればゴミだよ




まぁ予想の範囲内とは言え、あまり気分のエエものではありません。花火大会そのものより、その後がね




ところで前回の花火大会では、腐食性燃料を長時間入れっぱなしやったせいで、ロケット花火が途中で空中分解するという、素敵なショウを見せてくれましたw。日本海に落ちてしもたのですが、最初の報道では、


クリックすると元のサイズで表示します

各局とも「稚内沖110Kmに着弾」となってました。110Kmとはいうものの、地図上では、ホンマ北海道のすぐそばです。花火は人に向けて飛ばしたらアカンと、幼稚園で習わなかったのでしょうか




で、その後しばらくすると、なぜか…


クリックすると元のサイズで表示します

着弾位置が、最初の報道よりも、遥かに遠い場所になってます。いわゆる報道管制です。稚内沖110Kmは、方向を変えると、射出場所から東京までの直線距離に同じ=東京を直接狙えると教えるコトになるゆえ、このように規制されたという説もあります




まぁ報道というのは、こういうもんですね。今回は「状況を十数分ごとに知らせる」となってますが、さてどこまで事実を知らせてくれるのやら。ま、事実を知っても庶民には何も出来ないのですけど、何も知らずに世論誘導されるよりはマシかと思います
 
 


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ