2009/3/21

テレビノコレカラ  エンターテインメント総合
 
NHKで「TVの、これから」という特別番組をやってると知りまして、途中からですが、珍しくTVスイッチオン。TVがつまらなくなってる、TV離れが進んでるといわれる現状について、民放各局制作者や一般素人衆を集めての討論(っぽい)番組内容のようです



ま、生放送で局を越えてやったコトは認めますが、この手の内容をTVで放映する限り、自分達に極めて不都合な発言や批判は、スルーせざるを得ないですわな。当然、結論なんかも出せません。よって時間のムダと判断し、TVスイッチオフw




現在のTVの何がアカンのか?




大勢のタレント集めてギャーギャー騒がせるだけの番組。「つづきは30秒後!」「CMの後、驚きの事実がスタジオに!」などの、うっとうしく、かつワンパターンな煽り。しかも、どの局も似たような内容



昔はよく、古い番組(時代劇とか特撮とかドラマとか)の再放送をやっており、ちょっと世代が離れてても、「あ!それ再放送で見たことある〜」てな感じでしたが、今はそのほとんどが、コンテンツ不足のBSへ移行。地上波には残りカスしか回ってこない



報道番組なのかワイドショーなのか、まったくわからん「ニュース」。おまけに、世論をある方向へ誘導しようとするかのような、プロバガンダまみれの内容。そのくせ自己批判は出来ないヘタレ



他には、サラ金、パチ屋だらけのCM。某大手広告代理店による、番組枠の買い占め。等々




なんといいますか、つまり、わざわざTV受像機の前に座って、時間を使うてまで見たいと思えんのですわ。クソ番組のために貴重な時間を使えるかっちゅーの。あくまでも個人的な意見ですよ



正直なところ、情報/ニュースなら、インターネットを使うて自分で収拾、各所の情報を比較検討して判断するほうがエエです。ネットにはゴミ情報も多いですし、ネットがすべてとは思わないですけど、取捨選択は自己責任で出来ます。少なくとも、一方的にプロバガンダに晒されることはないです



バラエティとドラマは、ごく一部を除いて、もともと興味ないので何とも言えません。前者については下請け丸投げ一辺倒(このせいで内容が似てくる)、後者はマンガや小説が原作のもの一辺倒(このせいでクリエイターが育たない)というのが、TVが持っていた「文化的機能」の終焉のような気はします




「TVの、これから」ね。まぁ無くなることはないでしょう。インフラの1つとしては、たしかに重要な役割を担ってます。それに、いまだ「TVの情報がすべて!」「TVは真実を伝えてる!」と信じてる方々も多いですもんね



無くなるとすれば、新聞かなぁ。また別の機会に書きますが、あれはすでに「終わってる」感が強い。各紙とも、どうしようもないです



あ、TVの話でしたね。わしの部屋にある14型ブラウン管TVは、受信機能を使うておらず、ぶっちゃけDVD再生専用になってます。転居の際には、オカンにあげる予定です。だって必要ないもんww




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ