2009/3/16

あべの  くらし
 
最寄りの駅に行きますと、クリックすると元のサイズで表示します構内のアチコチに貼り紙が。なになに?「旅客運賃変更のお知らせ」ですと?おのれクソキン鉄!またしても値上げしてくれやがるのか!!#



と思いながらよく読むと、なんと値下げやないですか!この駅から終点の天王寺(あべの)まで、現行290円が、新運賃で250円にまで下がるのです。10円程度ならまだしも、40円の値下げというのはかなりのもの。なんで?



運賃の高さでは、関西私鉄でナンバーワンを誇る近鉄です。いきなり40円も下げるのには、それ相応の理由があるはずです。もしかして、阪神なんば線の開通で、阪神と距離運賃比を合わせたとか?あのコスイ近鉄が、そんなことするはずなしw



で、調べてみたら理由がわかりました。これですな


■近畿日本鉄道博物館:大阪阿部野橋駅 西改札口を移設−キロ程変更で運賃値下げも



運賃計算の起点である「あべの橋」駅が、やや吉野側に移転するため、それに伴って距離の短くなる分、運賃が下がるようです。コスイわりに、ちゃんとスジは通してますなw




ところで、「あべの」といえば、この画像をご覧下さい




クリックすると元のサイズで表示します

暗くてわかりにくいんですが、これは、アポロビル裏手からベルタあたりまでの、あべの再開発の現状です。見事に何もありません。夜間に見ると、ぶっちゃけ廃墟であり、ゴーストタウン状態です



周辺道路の混雑緩和が、再開発の目的の1つやそうです。それはわかる。だがしかし、この一帯にあった文化は、どこへ行ったのやろうか。スクラップ&ビルドで、新しいものが生まれていくのもわかる。しかし、それは「大阪の風景」なのやろうか



そんな疑問がアタマをよぎりました
 
 




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ