2008/9/28

てぃーだの気持ち  日常たわごと君
 
おこんばんは。今日は酔うてません(笑。あれだけ呑んだのに二日酔いにもならず、健康なカダラを与えてくれた両親に感謝する次第です。ま、あちこちガタは来てるのですがw



さて、ずいぶん前の日記に「太陽のような人間になりたかった」と書きました。(※過去ログ参照)そこにいてるだけで場を明るくし、そやつと一緒にいると「何かが起こりそうな」期待感があるような人間のことです



しかしながら、自分もそうなりたいと思っていながら、何度トライしても空回りするばかり(涙。結局のところ、わしは太陽にはなれず、惑星か伴星か、そんなモンかいなぁと思いつつ、とりあえず精進だけは欠かさずに日々を送るようにしとりました



まぁね、自分で言うのもナンですが、わしゃ強烈にヘンコでシビアな面がありますので、すべてのものを照らすような太陽には、どう考えてもなれませんわw。そういう天性も持ってないですし



それなりに年齢も重ねてきましたので、そういった太陽のような人間をうらやむこともなくなり、自分は自分なんやし、それでよろしいわと生きとります




が、




最近ちょっとしたことをキッカケに、再び考えるようになりました。いや、ネガな方向ではなく、ポジにです



自慢でも驕りでもなく、わしとしゃべると元気になってくる人もいてます。何かを期待してくれてる人も、昔よりずいぶん増えたような気がします。ありがたい話だ。単に年齢や経験によるものかもしれませんが、太陽とまではいかなくても、誰かを照らすことは出来るんやなぁと



これがもし、一時的なモノではなく、能力になっているのなら、待ってくれたはる方々のために使うてみたいなぁ、と思うたのです。甘いか?(笑



ほんのちょびっとだけ、太陽の気持ちがわかったような気がする
 


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ