2008/9/22

食  くらし
 
世間様は飛び石連休なるものを満喫されているそうな。ほほぅ、わしなんか仕事やもんね。24時間たたかえますか?ロゲインロゲイン〜ぼぉくらのロゲイン♪それはハゲの薬 orz


そんなわけで、疲れたカラダや脳を癒しましょう。クリックすると元のサイズで表示します聞いたところによると、水ようかんとマミーをあわせるのは「ありえへ〜ん」らしいです。甘い+甘いで、口がネチャネチャするからやとか


また、「水ようかんには、やっぱお茶やろ」とか、「大人になってマミーなんか飲めへん」などの意見も聞きました。ふっふっふ、いかんな諸君。そりは固定概念といふもの。食もまた、住めば都なり(意味フw



しかしながら、ここんところ「食」がヤバイことになりまくりですな。今度は汚染米にメラミン乳ですか。両方とも中華絡みというのが、なんともアレです



なんでわざわざ「食の汚染地帯」中華から、米を輸入せにゃならんのか?と言えば、それはかくかくしかじか。ガット(GATT=関税貿易一般協定)のウルグアイラウンド合意ってヤツに、その理由があります



ウルグアイラウンドは1995年になされたのですが、そこでは貿易の自由化を目的として、例外なき関税化、すなわち保護貿易を撤廃して市場開放するとの合意がありました


ところが日本は、国内米作農家を保護するため、最低輸入義務(ミニマムアクセスと呼ばれます)を除くコメの輸入を拒否する、「関税化の例外措置」を選びました。これにより、2000年度までミニマムアクセスを年々増加させる義務を負うことになったわけです



しかし、そのミニマクアクセスのうち、中華から来たコメの7割が「汚染米」というのですから、これはもうゴミを買うてるようなもんですな


ただ、完全に市場開放していたとしたら、出回る「汚染米」の率は、現在の比やなかったとも思います。ゆえに、一概に保護主義やと批判はできません




まーでもね、わしらがガキの頃には、合成着色料バリバリの駄菓子を食ってましたし、発がん性物質も多種にわたって含まれとりました。森永ヒ素ミルク事件なんてのもありましたもんね。加工食品においては、ぶっちゃけ昔のほうが危険やったように思います



ただし、米や乳は、100%とは言わんまでも、比較的安全でした。ともに輸入品やなかったからです



いえ、輸入品が悪いというのやないですよ。輸入、とりわけ食品の輸入は、複雑な流通経路を通りやすくなるので、トラブルの危険性が高くなり、管理体制がタイトで無い限り「悪」になりやすいと思うのですわ



ま、管理体制というか、商道徳というか、メンタリティの問題なんですけどね。そういう点では、決して中華を笑えんです。あ、メラミン混ぜたりと、根本的に「毒」を生産しているのは論外ですがw



我々にできる自衛策といえば、とりあえず安いからと飛びつかないこと。産地を確認すること。スーパーによっては「中華産」を「国産」に書き換えたところもありますので、そのあたりも観察しておくこと。出来る限り加工食品を使わず、食材から調理すること、ぐらいですかねぇ。かなりキビシイですなぁ(汗



地産地消が出来れば一番エエのですが、地域によって大きな差が出てしまうでしょうから、実際には難しいでしょうね。国内産国内消費の率を上げるとかね、出来てもその程度ですか。青空市カムバーック!って感じです
 




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ