2008/9/5

ふくわらいについて  ライブ・活動
 
去る5月に開催された「第3回ふくわらい音楽ショウ」、クリックすると元のサイズで表示しますご記憶の方も多いかと思います。その節はホンマぎょうさんの方々にご来場いただき、ありがとうございました。あらためて感謝いたします



さて、3年に渡ってご愛顧いただきました「ふくわらい音楽ショウ」ですが、諸般の事情により、このたび一旦その幕を下ろさせていただくこととなりました



これまでずっと応援してくださった方々、次回の開催を楽しみにしておられた方々には、本当に申し訳なく思います。わしが言うのはお門違いかもしれませんが、ごめんなさい。そして、今まで本当にありがとうございました。




解散したバンド、現時点では参加できる態勢にないバンドもいて、これまでのコンセプトでは開催できなくなった、というのが表向きの事情です



しかしながら、実際のところ、幹事役の積極的な後継者が出なかった時点で、このイベントは終わっていたのかもしれません。「全員が主催者」をテーマにしていながら、受け身の姿勢でいては、前に進みませんもんね…



こういう話の流れになった際、わし自身、自分の力量不足を痛感するとともに、「3年必死こいてやってきて、なーんも伝えられへんかったのか」という虚しさを覚えたのは事実です



ただ、その時々においての出演者のパフォーマンスが素晴らしかったのも事実ですし、それを見ていただいたお客さん達が喜んでくれはったのも事実です



また、「自分達は『ふくわらい』を機に、バンドやイベント運営に真剣に取り組むようになった」という声も聞いてますので、そういう意味では、少なからずの「幸せの種」は蒔けたのかなぁ、とは思います



それに、ずいぶん昔に読んだ本に「その道に入ったヒトは、一番損をしたような気分になることがある」と書いてあったのを思い出しましたので、まぁそういうことなんやろうと。なかなか達観するのは難しいんですけど、今はそう思うときます



ケンカ別れというわけではありませんので、各出演者同士は、また別のカタチで交流・共演することもあるでしょう。その節は、もしよろしければ、また応援してやって下さい



将来、もしも有志が現れて、再開することも有り得るかもしれません。現時点では期待薄ではありますが、その時はまた支援させていただこうと考えています




あらためて、こういうカタチで幕を下ろさざるを得ないことになってしまい、みなさまには本当に申し訳なく思います。ふくわらいサイトにつきましては、すでにトップに「お知らせ」を掲示しているのみにしておりまして、9月中には閉鎖させていただく予定です。本当にありがとうございました



みなさまの進む道に、「幸せな笑顔」が、たくさんありますように。
 




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ