2008/9/4

水の寝床  日常たわごと君
 
普段通ってる整骨院ですが、どーも毎回「揉み返し」がひどく、困ったもんだと思うてましたら、サウス常連のイイヌマン氏が「ええとこあるでぇ」と紹介してくれました。で、美原区黒山まで行ってきたのです



問診のあと、手技治療からスタート。これがまた、ゆるゆるというか、かなーりのソフトタッチ。ホンマに効くんか?と思うてると、先生「強いマッサージは、その瞬間は気持ちいいんですが、筋肉の組織を壊してしまうので、あとで筋肉が硬くなってしまうんですよ。だから筋肉を伸ばしてやるようにするのがエエのです」とおっしゃる。へー、ふーん、ほー。そりゃ初耳ですわ。というか目からウンコです



てことは、ペキペキボキボキなんかは、一時的にマヒさせてるだけで、最悪なワケですな。そういえば吾郎先生んトコも、ソフトタッチでしたわ。またひとつ、おりこうになりましたw



ちなみに、わしの筋肉は「かなり柔らかい」らしく、基本的に疲れにくいカラダなんやとか。あのー先生、しょっちゅう疲れるんですが orz



で、手技の後は電気を当てて、その次がすごかった。なんとウォーターベッドですよ奥さん。バブルの頃、一部の金持ちの間で流行ったという、あのウォーターベッドですよ奥さん!(いやーんw



カラダがぽよんぽよんと沈み込みます。さらに下からの水圧で、カラダに沿ってマッサージしてくれます。うほほー、こりゃスゴイわ。あまりに気持ち良くて、数発の放屁をしてしまったぐらいですw



おまけに精算時にはシップまでサービスしてくれました。しかも保険アリなので安い。うーむ、これはたしかに格段のクオリティの差。ちょっと遠いですが、行く値打ちアリですな。イイヌマンさん、ありがとうです




うーん、ウォーターベッド、いいなぁ(笑。しかし、たしか相当の重量があったはず(500Kgぐらい?)。おまけに通気性の問題やメンテナンスの手間もあり、自宅に置くには実用的やないような気がします。いえ、置き場所もないのですけどw



家庭用のウォーターベッドは、だいたい20万円前後みたいですね。その時点で欲しい気も失せたw。先のウォーターベッド型マッサージ機は、調べてみたところ、お値段も素敵で、1台約500万円ナリ。ひぇ〜



それ以前に「脱・せんべい布団」が先ですよねそうですね orz
 


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ