2008/9/9

ニュートラル  日常たわごと君
 
「人生山あり谷あり」とはうまいこと言うたもんです。エエ時もあればアカン時もある。「いつも絶好調です!」と語る前向き教の方々は置いといて、山も谷も波もあるのが人間、そして人生でございます。これは当たり前のこと



だいたい1日の中ですら好不調の波があるのですから、常に絶好調なんてことがあるわけないです。「絶好調でいなければならない」と考えると、逆にそれが自分を束縛してしまい、息苦しさや焦りを覚えるのですな。不調があってもエエやない、でよろしいんやないかと



エエ時には、あらゆるものが楽しく、すべてのものが、まるで自分のために動いてるかのように感じます。好調時にはエエことが重なることも多く、それがさらにエネルギーを増幅してくれるので、より一層の好調へ向けて走ろうとします



一方、アカン時には、あらゆるものがつまらなく、すべてのものが自分のジャマをしてるかのように感じます。不調時にはアカンことが重なりまくりますので、さらにヘコむというケースも多々ありw



わしは「幸福も不幸も、すべては自分が呼び込んでいるのだ」という自分原因論者ではありません。自分がすべて呼んでいるのなら、戦地で窮乏している子供達は何なの?説明できません。なので、この説は矛盾しまくり。却下w



ただ、自分が原因を発することがあるのは、さすがに理解してます。ちょっとした言動や態度が原因でケンカになったり、他のことでイラついてたら別のコトで失敗したりと、そういう例はナンボでもありますもんね



上の例は不調時のものですが、好調時にも「不調の原因」が発せられることがあります。油断であったり、傲慢であったり、そういうものです



それによって、せっかくエエ波に乗ってるのに、足元から崩れていって、いつのまにか不調の波に乗ってしもてる、なんてこともあります。好調なだけに、それが非常に見えづらく、気付いた時には手遅れでしたチャンチャン♪になりがちです。注意注意



そして不調になると、エエ時の姿勢はどこへやら、態度を豹変させたり、勝手にドツボのスパイラルに陥っていくヒトもいてます。エエ時は調子のええこと言うて、アカンようになったら手のひら返すヒトもおります。どっちもどっちですな



結局のところ、好調であろうが不調であろうが、その波に溺れないようにするってことでしょう。「自分は自分」というやつです。しかしこれが難しい。人間は、エエ時はエエことだけを考えたがり、アカン時はアカンことを考えたがるからです。なかなか「常にニュートラル」というのは出来ないねぇ〜



1つ方法があるとすれば、ニュートラルな自分でいられる場所、相手、その他諸々、そういうのを持つことやないかと思います。リセットできるようにする、というか、照らし合わせるようにするというか、そんな感じですかね



そう考えると、本来の宗教というのは、多分にそんな役割があったのでしょう。過去形ですが(笑



まぁ精進ですな。いや、自戒を込めて書いたのですよ、念のため。
 

2008/9/8

古いテープ  音楽総合
 
焼酎メーカーにとっては、ホンマえらい災難というか、とばっちりというか、どないせえっちゅうねんという心境でしょう。例の汚染米のことです。わしゃ米焼酎は呑まんからカンケーねぇっすと思うたてのですが、薩摩宝山にも混入してた疑いがあると聞き、よくよく調べてみたら、発酵させる「こうじ」の段階で混入してたのやとか orz



10年前から常態化してたようですので、いまさら回収しても遅いですわな。農薬やらカビやら有機溶剤やらにドップリ浸かった「工業用の米」を、わしらは知らんうちに口にしとったわけです。マジ勘弁してくれ#



件の会社は「他社もやってる」と言うとりますので、また産地偽装のように、芋ヅル式にゾロゾロと出て来ることでしょう。チェック体制の甘さも大ありですが、勝てば官軍、すなわち儲けたら何でもアリって風潮が、この手の偽装の原因の1つやないですかねぇ





さてさて、古いカセットテープを思い切って処分しようと決意しまして。ええ、もちろんノーマルテープだけで、クロームやメタルは残しておきますよw。というか、昔はビンボーでしたので、ノーマルが圧倒的に多いのですが(汗



LP時代は、レコードがすり減らないように、いったんテープにダビングして、それを聞くようにしてましたので、やたらとカセットテープの本数があるのです。のわりに、録りっぱなしで聞かずに放置なテープも多数あり、むぅ、どうしたものか?てなわけで



それもありますが、こないだ約30年前のノーマルテープを気まぐれに聞いてみたところ、モニョ〜ンてな音になっておりまして、うわちゃー、こりゃイカンわと(笑



PioneerのT-D7みたいなデッキでしたら、古いテープでも問題なく再生してくれるんでしょうけどね。ウチに今あるのはSONYの333なので、イマイチですな。惜しいテープもあるのですけど、ここは英断。昨年のVHS→DVD化みたく、CD化するには量が多過ぎるので、処分しちまおうと




し か し




みなさまもご経験おありでしょう。マンガや本を捨てる時、「どんな内容やったっけ〜?」とか言いながら、ついつい読んでしまうというアレです(笑。多分にもれず、わしもやってます。マスタリングもほぼ完了したこともあり、今はカセットテープ再生の日々ですわw


なつかしいモノもあり。クリックすると元のサイズで表示します約20年前に作った、ドライブ専用オリジナルセレクトテープの数々です。生き残ってたのが不思議だ。それ以上に、選曲のセンスが不思議きわまりないですw


ひどいなぁと自分で思うたのは、THE CURE→KISS→Joe Jackson→IRON MAIDEN→George Bensonという流れ。あまりにも脈絡が無さ過ぎで、20代の自分は一体何を考えてコレを作ったのか、小一時間ほど問い詰めたくもありww



当時テープからテープへのダビングは、クラスが上のテープ+クラスが上のデッキで再生し、それより落ちるテープで録音するというのがセオリーでした。これにより音質の劣化を少しでも防ごうというわけです



で、いま聞き返してみると、ハイ落ちは言うほど気にならんのですが、テープtoテープでダビったものは、LP直録りに比べて、明らかにダイナミクスの幅がありません。耳に負担なく聞きやすいけれど、これは音楽的とは言い難いなぁ。そりゃテープコンプが2回かかるのですから、こないなりますよね



それにしても、70〜80年代あたりのアルバムの音作りは、豪華でありながらチープという感じで、なかなかイカしてます。90年代になると、ちょいと変わってきます。SACDが出だしたくらいからの繊細な音作りは、わしは実は好きではありません



どうせ原音に忠実なんて不可能なんやし、そやったらいっそのこと、インチキくさくてもエエと思うんですよね。なに?耳が悪いだけやて?その通りかも orz



クリックすると元のサイズで表示します
キービーさんお勧めの江崎グリコ「Cheeza(チーザ)」食ってみました。特濃チーズ味で、お菓子というよりも食事な感じ(笑。しかしこの量で実売188円は高いっす(涙
 


2008/9/7

家  音楽総合
 
うげぇ〜、突然の集中豪雨により動けましぇ〜ん(涙。くそー、せっかく天王寺のタイフェスティバルに行こうと思うてたのに。ぷんすか!



というわけで、予定外ではありますが、自宅で作業諸々を



ようやく最終段まで来ましたので、時間があるトキに一気にやってしまうのもエエでしょう。マスタリング作業です。正確にはプリマスタリングになるのですが、いわゆる個人制作品ですので、これが仕上げとなります



マスタリングというと「音圧を出すための作業」と考えられがちですが、本来はそうではありません。荒っぽく言いますと、2MIXにした音源をアルバムトータルで音量を揃える作業、ですかね



だいたいわしのスキルでは、流通CDほどの音圧を出すことができません。素人がムリに音圧を出そうとすると、ダイナミクスの幅のない、それこそ「海苔」な音源になってしまうからです



なので、それは諦めて、ある程度の幅をもたせながら、なおかつ音圧も感じさせるような音作りを目指すのでございます。まぁ妥協策なので、申し訳ないっす。音量が足りんなぁと思われたら、再生機器のボリュームを上げて下さいです orz



構想から1年以上、クリックすると元のサイズで表示します制作にも半年以上をかけて、とうとうファイナルのテストCDが出来ました!うほほ〜い。しかし長かった(涙
 

全11曲で、約50分という、WOEPでは考えられない長さです(笑。出来上がった音は、今風とは程遠い、「昭和な音」でございます。とーてもアナログライクです。ジャケットも昭和のニオイがプンプンですw


もうちょいハイ上がりにしてもエエかなぁとは思うのですが、ちょいと迷ってます。サウスにて大音量で再生してみたところ、2曲は手直しが必要なんですけど、あとはそれなりに聞けるので、どないしよっかと


どっちにしろ、もうちょいチョコチョコしなあきませんので、まだ完成ではないです。でも、予定よりもずいぶん早くリリースできそうなので、それがうれしいですわ




作業が終わる頃には晴れてきましたので、小物を買い出しに行くついでに、クリックすると元のサイズで表示します天王寺公園で開催されているタイフェスに寄ってきました。とーてもエスニックです。タイのミュージシャンのライブが異様に盛り上がってて、遠目で見てても、なんか面白かったです


残念なのは、今回もまた、お気に入りの服が無かったことです。あやしいデザインのシャツとか欲しかったんですけどねぇw


ま、基本はフードの祭ですので、しかたありません。タイ料理は「辛い」というイメージですが、もちろん辛いですw。が、辛さの奥にある「やさしさ」のようなものが、わしは好きです



クリックすると元のサイズで表示します

今日の晩メシ。検尿と残飯、ではありません。生マンゴージュースとグリーンカレー。両方ともヒット。この他、タイビールとトムヤムクンラーメンも食しました。余は満足ぢゃw
 


2008/9/6

求めるもの  音楽総合
 
久々にかずちゃんと呑んでましたよ。相変わらず元気そうで、前よりもソフトかつロッキンロール風になってました。積もる話いろいろあれど、ついついオタク道に走ってしまうのは、彼との会話ならでは(笑



で、ひとつ面白い質問をしてみました。「古くからのファンとして、WOEPに何を求めるか?」というもの。マーケティングの参考に、というワケではないのですが、なかなかそういうのん、聞く機会もないと思いましたので



彼いわく「ボクはやっぱり『歌』と『人柄』ですね」とのこと。初めて居酒屋での流しを見た時、ロックやのに「焼酎」って一体ナンや!?と思うた、とも言うてました。そりゃそうですな、普通はやりませんもんw



ウチの歌(曲&歌詞)は、歌謡曲風味なれど、強烈にアタマに残るし、なによりも素直に世界に入っていけるのがエエ、のやそうです。うーん、ありがたい話だ。意図したそのまんまなので、個人的にはうれしいし、勇気もわきます。かずちゃん、ありがとん




実はこの質問、何人かの方々にランダムにしています。ほぼ同じ答えが返ってくるのが、またうれしいところ。ちゃんと理解していただけてるのやなぁ。音楽屋冥利に尽きますm(_ _)m



この先もウチは、それらについては変わることなく、いえ、さらに精進していきますので、大丈夫でございます。突然「今風」になることはありません(←ムリww




それにしても、応援してくださる方々がいてるというのは、ホンマありがたいことです。2年ほど前でしたか、SHARA氏と電話で話した時、氏は「ファンがいてくれるからこそ頑張れる」と言うたはりました。本当にそうですよね



その方々の未来に向けて、わしは歌い続けていこうと思います




クリックすると元のサイズで表示します
ハニーにもらった「わさびらむね」。微炭酸、ほんのりワサビ味。しかし微妙だた orz
 

2008/9/5

ふくわらいについて  ライブ・活動
 
去る5月に開催された「第3回ふくわらい音楽ショウ」、クリックすると元のサイズで表示しますご記憶の方も多いかと思います。その節はホンマぎょうさんの方々にご来場いただき、ありがとうございました。あらためて感謝いたします



さて、3年に渡ってご愛顧いただきました「ふくわらい音楽ショウ」ですが、諸般の事情により、このたび一旦その幕を下ろさせていただくこととなりました



これまでずっと応援してくださった方々、次回の開催を楽しみにしておられた方々には、本当に申し訳なく思います。わしが言うのはお門違いかもしれませんが、ごめんなさい。そして、今まで本当にありがとうございました。




解散したバンド、現時点では参加できる態勢にないバンドもいて、これまでのコンセプトでは開催できなくなった、というのが表向きの事情です



しかしながら、実際のところ、幹事役の積極的な後継者が出なかった時点で、このイベントは終わっていたのかもしれません。「全員が主催者」をテーマにしていながら、受け身の姿勢でいては、前に進みませんもんね…



こういう話の流れになった際、わし自身、自分の力量不足を痛感するとともに、「3年必死こいてやってきて、なーんも伝えられへんかったのか」という虚しさを覚えたのは事実です



ただ、その時々においての出演者のパフォーマンスが素晴らしかったのも事実ですし、それを見ていただいたお客さん達が喜んでくれはったのも事実です



また、「自分達は『ふくわらい』を機に、バンドやイベント運営に真剣に取り組むようになった」という声も聞いてますので、そういう意味では、少なからずの「幸せの種」は蒔けたのかなぁ、とは思います



それに、ずいぶん昔に読んだ本に「その道に入ったヒトは、一番損をしたような気分になることがある」と書いてあったのを思い出しましたので、まぁそういうことなんやろうと。なかなか達観するのは難しいんですけど、今はそう思うときます



ケンカ別れというわけではありませんので、各出演者同士は、また別のカタチで交流・共演することもあるでしょう。その節は、もしよろしければ、また応援してやって下さい



将来、もしも有志が現れて、再開することも有り得るかもしれません。現時点では期待薄ではありますが、その時はまた支援させていただこうと考えています




あらためて、こういうカタチで幕を下ろさざるを得ないことになってしまい、みなさまには本当に申し訳なく思います。ふくわらいサイトにつきましては、すでにトップに「お知らせ」を掲示しているのみにしておりまして、9月中には閉鎖させていただく予定です。本当にありがとうございました



みなさまの進む道に、「幸せな笑顔」が、たくさんありますように。
 




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ