2008/8/21

五輪終  時事・社会
 
うおー涼しい!大阪は爽やかな一日となりました。来週明けから、また暑さがぶり返すらしいのですが、とりあえず一息つけただけでもありがたいですわ〜


こんな涼しい日は、プリンに限りますw。クリックすると元のサイズで表示します協同乳業「加賀田シェフのマロンクリームプリン」。誰それ?有名なヒト?鉄人?よくわかりませんが、安売りされてたので買うてきましたw


わしはアマイノン好きですが、実はマロン系は苦手です。モンブランなんぞもってのほか。そやのに、あえてマロンプリンを買うたのは、新たな味への探究心でも何でもなく、単に安かったからですww


しかしながら、マロン嫌いのわしでも、これはなかなかイケるお味です。やるね加賀田シェフ!ところで誰それ?w





さてさて、世間様では五輪ゴリンと、ペテンオリンピック一色の様相。いえいえ、アスリート達の活躍は、そりゃもう素晴らしいのですよ。ジャマイカの稲妻、ウサイン・ボルトの超人的なスピードには、無条件で拍手を贈りましたもん



でもねー、どうもあきませんねん、この「五輪一色」というのが。



メダルメダルと囃し立てるのもウザイのですが、五輪開催中でも、弾圧や虐殺が行なわれてるわけでしょ?五輪期間中はエエ内容しか報道せんといてくれ、というのは開催国側の勝手な政治的都合で、その間にころされてる人々にとっては、それこそシャレにならんですわな



てなことを言いますと「東京五輪も政治目的やってんから、他国のことは言えん。黙っとれ」という意見が必ず出ます。アホくさい朝日新聞脳な理屈です。その東京五輪の開幕日に、地下核実験をやってくれたのは、どこの中華でしたっけね?



この理屈によれば、「過去に一度でも(いわゆる悪しきことを)自国がやったなら、他国への批判は一切してはならない」ということになりますので、米国のイラクやアフガン攻撃も批判してはイカンはずです



もっと言えば、完璧な人間以外は他者を批判できない、ということにもなります。首相や大臣も批判しちゃイカンのです。ってコレ、モロに全体主義の考え方ですやんw



朝日新聞脳な方々は、毒づいて悦に入ってるつもりでしょうけど、このあたりの矛盾を直視せん限り、それは毒でも何でもない、ただのゴミに過ぎません。情報リテラシー(情報を正確に判断できる能力)は、偏った視点からは生まれまへんで



話を戻して。



たとえば、あなたのお宅に強盗が入ったとしましょう。ところが街は4年に一度のお祭り騒ぎで、kサツに言おうが役所に言おうが、お隣さんに言おうが、みな「今はお祭り中やねんから、これが終わるまで待ちぃや」と答え、助けてくれません。そうしてる間に、家の中は荒らされ、場合によっては生命の危機にも晒されてしまいます



そういう状況なわけです



つまり何が言いたいのかといえば、







ちゃんと報道せんかい!!#




ということです
 




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ