2007/10/16

ロジック  音楽総合
 
「もっと(音楽)理論を知りたい!」と言うてくるギター弾きの方に出会うことがあります。そんな時わしは、ほぼ間違いなく「ほなドレミを学んでください」と答えてます。素直に納得する方もいれば、「えぇ?いまさらドレミぃ?」という顔をする方もいますが(笑



実際のところ、後者の方が多いですね。もう小学校でやってるし、ドレミぐらい簡単に弾けまんがな。いまさら何を学べっちゅーねん?ってところでしょう



ピアノと違ってギターは、1つのコードフォームやスケールの型を覚えると、ポジションを変えるだけで他のコードやスケールになります。たとえばギター初心者が忌み嫌う「F」のコードは、そのままのカタチで2フレットブリッジ寄りにすると「G」のコードになるのです



それがゆえに、「自分は弾けてる」と思うヒトが多いのですが、チッチッチッ。それは甘すぎりょうたろう。単にギターの有利性に甘んじてるに過ぎません



クリックすると元のサイズで表示します

画像は、みなさまお馴染み「ハ長調」のドレミファソラシドです。スコアの読めない方も、さすがにこれは大丈夫でしょうw


ちなみに、調性やトーナリティやキー/Keyという言葉は、ほぼ同じ意味です。したがいまして、ハ長調は主音が「ハ」つまり「C音」から始まるドレミファソラシド(長調=メジャーキー)ですので、「Key=C」ということです


画像のスコアの開始音「C」は、ピアノ鍵盤中央にある「C」、すなわち「C3」を指してます。ギターでいえば、ノーマルチューニングで最も低いCの音が「C3」です



ピアノの場合、このスコアを提示されますと、弾き方は決まっています。開始音のC3から、順に上へ白鍵を鳴らしていけばよろしいのです



ところがギターの場合、その構造上、そういうわけにはいかないのです。何がアレなのかと言いますと、同じ音(厳密には違うのですが…)が複数存在しよるのですわ


C3ですと、最も知られてるのが5弦3フレットの音。しかしながら、6弦8フレットの音もまた「C3」なのです。ということは、上記スコアの音列を弾くとすると、最低でも2パターンの弾き方あるということになります



C4になると、さらに「同じ音、そやけどポジションは違う」というのが増えます。これらを把握しておき、どのポジション、どの開始音でも弾けるようにしておくのが、ドレミの第1歩です



そして、それをエニーキー(どのキーでも)で出来るようになれば、ドレミを学ぶ下準備は出来たといえるでしょう。ひらたく言えば、どこにどの音があるのか把握しておく、ということです。だって、弾けるかどうかは別にして、ピアノみたいに見ればどの音がどこにあるのかわかるワケやないでしょ?




…と、ここまで読んで「ぐぇぇ、めっちゃ覚えることあるやん、めっちゃ時間かかるやん」とゲンナリした方もいるかもしれません。うーん、真剣に取り組めば、それほど時間はかからないですよ。ちょっとしたコツもありますが、わしはケチくさい男なので、ここでは公開しませんけどww




ちょいと突き放した言い方になりますが、下準備のできてない方に理論の話をしても、たいていチンプンさんで終わってしまうのです。仮に一部を理解できたとしても、まず実戦では使えず、アタマデッカチさんになってまうだけなのです



理論にしろ新しい技術にしろ、実際の演奏や曲作りに使えなければ、まったく意味がありません。理論を知りたいという気持ちはとてもエエことなのですが、単なる暗記学習になるのはあきませんし、それがなければ音楽が出来ないワケやないことは、認識しておくべきやと思います



まず音楽ありき、ですもんね


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ