2007/10/10

ジャマ  日常たわごと君
 
昨日書きました不要衣類ですが、部屋にどれぐらいあるのか、引っ張り出してみました。結果、余裕でビニールロッカー1ツ分ありました(汗。そりゃ部屋も狭くなりますわな orz



でも、おかしいです。昨年、一昨年と、不要品は処分していってるはずなんですが…。と書いてて気付きました。その時点では「まだ着れるから」と不要品扱いしてへんかったのです。たぶん衣類の他にも、そのようなブツが存在してるのでしょう inマイルーム(怖w



ボロっちぃのは雑巾や当て布行きになりますが、それ以外のモノは、まだまだ着れるだけに、いざ捨てるとなると惜しいです。このあたりが貧乏性まるだしです。米押しダルマです。わかる方だけウケて下さいw



「欲しいのんあったら持ってってエエよ」とオカンに言うたところ、なぜかゴルチェのジャケットを持って行かれてしまいました。「オヤジも何かいるか?」と聞きますと、うー、あーとか言いながら、ステージ衣装に2回ほど着た紫のジャケットを持っていきました。ちょっと面白いw



2着譲渡成功しましたが、依然として部屋には、山積みになった衣類があります。クリックすると元のサイズで表示しますそう、引っ張り出した分、さらに部屋が狭くなってしもたのです!!(涙



これを処分せんことには、片付けも出来ません。それを言うなら、もっと前からやっとけや。諸氏の叱責が聞こえてきそうです(汁



ちなみに、ジーンズやジージャン、ピーコート、ニットなどがあります。あまりにも多過ぎて、詳細を書くのがジャマくさいのですが、万が一「ちょうっだい!」な方がいらっしゃいましたら、コメントにてご一報くださいましm;_ _)m




これらがめでたく全部処分されますと、部屋には広大なスペースが出現することになります。あくまでも予定です。今月末の粗大ゴミ回収日には、ダビングの終了したVHSテープも大量に破棄されますので、さらに広大なスペースが確保されるはずです。あくまでも予定です





しっかし、そう考えますと、人間の脳というのはスゴイもんです。「いつか使うやろう」と蓄えてる知識や雑学が山ほどあっても、大してジャマにもならへんからです。もともとジャマになるほどの知識も無い、という説もありますがw



ジャマになるのは、知識そのものよりも、そこから派生する固定概念とか条件付けの類でしょう。知ってるつもり、わかってるつもり、やってるつもり。それらが逆に、新たな考え方や行動を制限するというヤツです



誰しもそれらの呪縛から完全にフリーにはなれませんので、部屋の片付けのように、時々顧みることも必要なんでしょうね




わしを含めて自称「音楽屋」の方々も、結構アタマガチガチであることが多いです。ホンマは柔軟でナンボなはずなんですが、実際には柔軟なヒトの方が少ないように思います



こだわりと固定概念は紙一重、ってなこともありますが、なんというか、ワクの中だけで悦に入ってるというか、そんな傾向が多々あるのですよ。曲作りにしても演奏にしても、音楽そのものに対する姿勢もね




音楽屋も、時には片付けせなアカンのでしょうなwww



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ