2007/10/9

不要になった衣類  ふぁっしょん
雨のせいか涼しい、というか冷えた大阪です。油断してると腹まで冷えそうです。うさこの耳も、ちょっと冷たくなってきました。昼間でもTシャツ一丁というのは、そろそろ厳しくなってきたかもしれません



そんなわけで、今日は衣類のお話。



みなさんのご家庭にも、「そういや、ここ1年ほど着てへんなぁ」という衣類があるかと思います。1年で済んだらエエ方ですか。ひどい時には10年ぐらい着てへんモノや、その存在すら忘れてしもてるモノもあることでしょうw



何を隠そう



わし宅には大量にございます orz



そのうちまた着ることもあるやろう、という考えでストックし続け、気付けばエライことになってるという、まさに「チリも積もれば」状態(大汗。そうです、部屋が狭くなる原因になってるのです;



捨てるなりすればエエんでしょうが、そういうトコロで妙なエコロジー心や、「もったいない精神」が出現しまして、捨てられずに溜め込んでる次第



溜めても利子はつかん!www



ということで、地球にやさしくない人間になることにしました。ずっと着てない服、あるいは不要ってほどやないけど着る機会の少ない衣類を、一気に処分してしまおうかと



まぁ売れるモノは小額でも売ってしまえばエエでしょう。欲しいという奇特な方がいれば、さしあげればエエでしょう。これについては、資源の再利用になりますので、心が痛むこともありません



古着の買取をしてくれる店を検索してみましたが、たいていブランドもの専門ですな。「ノーブランドでも買取しますよ」と謳ってはいますが、まぁたぶんムリでしょう。ココぐらいですかね〜


リサイクルショップ・キングファミリー

以前もチラッと紹介しましたが、1Kg当たりで買い取ってくれるらしいです。ま、激安ですけどね。捨てるより遥かにマシですか



あと、こういうのもありました


認定NPO法人 日本救援衣料センター


海外の難民キャンプなど、いわゆる恵まれない方々、困窮してる人達へ衣料を送ろう!というNPOのようです。ただし、これは単なる譲渡ではなく、海外への輸送料も自費負担する必要があります(※だいたい1箱当たり\1,500〜の模様




うーん、現地に送って、ホンマに喜ばれるのでしょうか?自分が不要な服、それも、いくら洗濯シッカリしてるとは言え、ある程度着古したモノですからねぇ…



やっぱゴミ行きですかねーw


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ