2007/9/12

PSE完結編?  時事・社会
 
「あべし!(安倍死!)」という断末魔の悲鳴とともに、某国の首相が自慰を表明なさったそうです。がしかし、それよりもわしの目に留まったのが、このニュース


■産經新聞:PSE問題で経産省管理職5人に厳重注意


このブログをずっとご覧になってる方々にはお馴染みの、あの電気用品安全法(別名:PSE法)です。ご存知ない方は、2006年1月のアーカイブをご覧くださいまし



2006年4月に施行されたこの法律は、消費者の安全を守る(という大義名分の)ため、国の適合基準を満たして「PSEマーク」付きでないと、電化製品を販売できないという内容でした



しかしながら、法の適用範囲を中古品や施行前の製品にまで拡大したため、リサイクル業者などから「周知徹底が不十分」「大量の廃棄物が出る」「救済措置もないのか」と強烈な反発が出まくりちよこ、という事態になってました



当初のまま施行されてますと、オークションなどの個人売買でも、数量によっては規制対象となってました。そういえばヤフオクなどで、PSE対策として電源ケーブルを切断して出品してた電化製品を、時折見かけましたっけ



ギターアンプもシンセもアウチやったんやでベイベー



その後、喧々囂々ありまして、結局、中古品や施行前製造品はPSEマークなしでも販売できるようになり、今回の幹部処分に至ったようですわ




この顛末を見て思うたこと:アホちゃうか?




エラーありまくりな法律を「決まったことやから」と強引に施行し、そのくせ「あれは無かったことに…」てな感じですやん。ほな初めっからやめとけっちゅーねん#



これはアレですよ、PSE法に限らず、法律というのはかなりいい加減に決められ、施行されてるという証明になるワケですよ。あなおそろしや



また、わけのわからん法律がいつの間にか施行されて、強烈な反発が無かったらそのまま放置。ということも有り得るワケでして、やっぱちゃんと見とかなあきませんなと思った次第です


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ