2007/9/1

ひきがたり  音楽総合
 
仲良しのキービーさんがソロライブをするというので、クリックすると元のサイズで表示します仕事あがりに猛ダッシュで梅田のパラダイスカフェまで行ってきました。この看板の絵は誰が描いたのでしょうか?w



アコギの弾き語りソロ(喋り弾きらしいですがw)は初めてやるとのこと。何事も初物は縁起がよろしいものでございますのよ奥様。しかも今日は「防災の日」=9/1。月のアタマからハツモノってのは、なおよろしいですw



そんな「見る側」とはうってかわって、キービーさんはえらく緊張のご様子。まぁ至近距離に客の顔がありますし、初体験というのは何事も手に汗にぎるものですから(笑



途中に休憩を入れて、トータル14曲。クリックすると元のサイズで表示しますお疲れ様でした。「喋り弾き」というわりには、トークは少なかったような…(それどころやなかったという説もww



おそらくリベンジに燃えておられると思います。次回のテーマは「キャッチ」と「アトモスフィア」ですかね〜






ところで、友人達の間では、最近「弾き語り」が小ブームのような。もちろん火付け役はわしなのですが、と言いたいところですが、そういうわけではありません(笑



普段はバンドでやってる人間が、ヘルプ一切なしのソロでやるというのは、なかなか面白く、またスリリングでもあります。自分だけで全部やらなあかん=自分次第でどうとでもなるのが、やる側にとっては大きな魅力でしょう



思い起こせばわしも、最初の頃(ン十年ほど前)の弾き語りは、そりゃもう惨憺たるものでした。練習不足うんぬん以前に、気持ちがアカンかったように思います。奏者の気持ちは、ダイレクトに音に出てしまいますので



いやー、そんなん言うたかて、まず技術がおまへんのやから、気持ちの持ちようもないですわー。と語るヒトに時々出会います。ハッキリ言いますと、その考え方は間違っています



技術の不足は、練習に練習を重ねていけば、まぁなんとかなるのです。多くのアマチュアは、その先に「気持ち」も付いてくると考えています。しかし、実際にあるのは「うまいんやけど、なんか面白くないね」という評価ぐらいです



音楽というのはとても有機的なモノなので、技術の習得と同時並行で、気持ちの涵養もしていく必要があると思います。特に弾き語りは、逃げ場がない分、それが重要なんやないでしょうかね




わしは「うまいけどオモロない」人よりも、「ヘタやけど、なんかオモロイ」人の方が好きですし、高く評価してます。後者の方が、より音楽的やと思うからです。そんな音楽に、もっと出会っていきたいですわ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ