2007/8/23

見て  音楽総合
 
誰ですか、雨降って涼しくなりそうとか言うたのは?わしですよ(汗。こないだまでよりマシとはいえ、今日もアチチでしたわ。なんか9月まで暑さが続く予報が出てましたよ orz


暑い日はさわやかな音楽を聞くに限ります。間違ってもWOEPとかは無いです。余計に暑くなりますのでw。しかし、暑い日には熱めの茶を飲めと、昔ばっちゃが言うてたような…(笑




そんなわけで、本日放映されてたNHK『スタジオパークからこんにちは』の録画を見てました。以前にも書きましたが、この番組、時々「スタパDEライブ」と称して、生演奏を放映してくれます。民放の歌番組にはあんまり出ない方々が出演するので、なるべくチェックするようにしてるのです



もちろん、口パクやアテフリではなく、正真正銘の生演奏です。これがうれしいね。どの番組とは言いませんが、モロにアテフリな「ライブ」を見せられると、実に情けない気分にさせられますしw



本日の出演者は、ムッシュかまやつ以下3組。かまやつ氏、生演奏ゆえに、やはり老いたなぁと感じました。「ゴロワーズ〜」は雰囲気あって良かったと思うのですが、なぜにスタインバーガーで弾き語りなのか?よくわかりません(笑



あと、ピアノの連弾兄弟(レフレール?)も面白かったのですが、あれはライブや映像で見やんと、面白さがわかりませんな。スタンリー・ジョーダンも、CDだけ聞いてたら何もわかりませんやん?あんな感じ




まぁでも、「ライブを見なければわからん」というのは、音楽屋としてはエエことなんですよね。本来そうあるべきなんですから。と言いたいところですが、まずCD(音源)聞いてもろてからライブに足を運んでもらう、というスタイルが一般化してる現状では、音源そのものにも聞き手を魅了する工夫が必要なので、そうも言い切れんのですな



それに、純粋にライブだけで「食っていく」というのは、なかなか難しいものです。そこそこ名が売れたヒトなら、客入りに関わらずギャラの下限を決めておく、という手も使えるんでしょうが、それもそのうち通用せんようになるでしょな。たいていは曖昧なボーダーを決めて、とにかく本数を増やすしかないと思います



それに比べると、CDの売上の方が身入り率は大きいですし、コストパフォーマンスも高いです。もちろん「売れたら」の話ですがw




ただ、この先CD売上の減少が続いていけば、今よりもライブの重要性が増していくのやないか?というほのかな期待感はあります。そうなると、アテフリやらパンチイン/アウトを多用してた方々は逝去されるわけで、それはそれでエエかなぁと思ったり(笑


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ