2007/7/12

言いたいことも  日常たわごと君
 
どうもごきげんよう。日々徒然なるままに、というか好き勝手に書いてる『男前日記』の時間がやってまいりました。今宵の時間つぶしに、朝のお目覚めに、はたまたお昼の休憩中に、せいぜいご活用くださいましw



ちなみに「せいぜい」には、


1)できるかぎり
2)たかだか



の2つの意味があります。(※参照:Yahoo!辞書後者の意味が一般的なので、「せいぜいご活用ください」というとイヤミに取られがちですが、用法としては正しいのです(ウンチクw




さて、この日記ですが、音楽関係の話題でも好き勝手な内容を書けるのは、わしが音楽を生業としてへんから、つまりアマやからです。もひとつ言いますと、特に誰かと利害関係があるワケでもない、派閥に属してるワケでもないフリーランスの立場やからです



プロでやってるとしたら、どこで誰とどう繋がるかわかりませんので、書けない内容も増えてきます。なるべく個人を特定しての批判は避けるようにはしてますが、それでも「オールドブルースを絶対視するヤツは尊敬できん」などと書くと、それに反応してくる連中もおるのですわ




プロになったら言いたいことも言えんのか?




そう憤慨するそこな若人。では逆に問いますが、アナタは自分の顔や名前を晒した上で、勤めている会社の同僚や取引先(をにおわせるような)批判を、公開で出来ますか?



まぁ出来んことは無いでしょうが、それなりの代償(倍以上の批判、村八、厳重注意、懲罰、取引停止、解雇etc)はペイせなアカンでしょうね。その覚悟がおありならどうぞ♪




プロ音楽屋の場合、完全個人事業主(つまり超零細個人商店)になりますので、それをやりますと、ほぼ間違いなく仕事が減ります。大阪みたいな狭い街ですと、減るどころか、干されてひからびてしまうかもしれませんw



別に「利益の確保」だけが目的なんやなく、単純にマナーの問題でもあります。しかしながら、音楽関係者にはクソみたいな人間性の連中も非常に多いので、中にはストレス溜まるヒトもいらっしゃるでしょうね。心中お察しいたします





わしの場合は、地下のさらに底辺でチマチマとやっとるだけですので、批判ブッこいて仕事干されても、あんまりカンケーないです。つまり、もともと仕事なんぞ無いに等しいワケで orz



でもまぁ、「せいぜい」ネットの片隅でブチブチ言う程度ですけどね(笑。見逃してくれよ〜w


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ