2007/7/11

時間よ、止ま  音楽総合
 
ALEX CUBA BANDのCDを聴いてました。クリックすると元のサイズで表示しますこれは借り物なんですが、うーん、かなりエエですね。若さと渋さと切なさの同居、といった感じのアルバムです。自分でも買うてみます



このバンドは、矢野沙織ともジョイントしてたんですね。知らんかったわー。ざっと採譜などしてみましたが、シンプルながら泣かせるアレンジも多く、やっぱ音楽はハートやで、うんうん。と1人うなずいておりました(笑




自分が疎いジャンルの音楽を聴く友人がいるということは、たいへんありがたいものです。いろいろ情報を得られますので。もちろん、その人のフィルターは通るのですが、それでも「とっかかり」が得られるのは大きいのですよ



わしゃロック屋ではありますが、聴く方については超雑食性でして、ジャンルにこだわりはありません。エエもんはエエ、ただそれだけです



ま、そうやなければ、あの「雑多やのにスジが通った楽曲」を演ろうとは思いませんわww



そんなわけで、よさげな音楽屋さんがおりましたら、有名無名ジャンル今昔問わず、ぜひ教えてくださいまし。でも、もしもわしの趣味に合わんかったらごめりんこですm(_ _)m





さてさて、ウチらはいちおう「ブルースを下敷きにした音楽」をやっています。どんな感じのんやってるの?と聞かれると、返答に困ってしまうことが多々あったのですが、最近はそのように答えています(笑



しかしながら、ちょっと前にも書きましたが(※過去ログ、オールドブルースの「型」や「お約束」を絶対視してるような連中は、どうもニガテというか好かんのです。どれだけウマかろうが、敬意のカケラも払うことが出来ません




もちろん、トラディショナルなものを追求し、継承しようとする姿勢は素晴らしいと思いますし、決して否定すべきモノや無いのは理解しています




ただね、「時間が止まったままの音楽」を絶対的なモノやとは、とうてい考えられんのです。それを言い出したら、音楽は昔の時点で終わっとることになり、バロック以降はすべてクソということになります。いや、原始の叫び声以降はクソですかねw



時代とともに、ブルースも変化し、進化していって当然やと思うのです。不遜な考えかもしれませんが、先人達が残してくれた「素晴らしい音楽」という「問い」に、自分としての「答え」を返したいという想いが、ずっとあるんですわ




そやから雑食でエエのです。雑食でありながら、ブルースという「核」があることで、全体にスジというか背骨が通りますので、それでエエと思うてます



でも、難しいコトをやるつもりはないです。敷居の高い音楽は、マニア心をくすぐるんでしょうけど、純粋に楽しまれへんのよ。知的に楽しむ?はぁ?音楽ですよ。アホとちゃうか?そんなのはわしに言わせればウンチク垂れの自慰行為でしかありません。モード以降のジャズ、近年のハードロックなどは、モロにコレに当たるのでキライです





ごちゃごちゃしやんでもエエんですよ。大音量のバンドであれ、ささやくよな弾き語りであれ、形態は何でもよろしいやん。シンプルながら心に染みるってーのが、わしゃ大好きですねー



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ