2007/7/26

そこそこ  音楽総合
 
完 全 復 調 !…とまではいきませんが、どうにか声は復活しました。わーい。これでライブに間に合います。まさに帳尻合わせだけで生き延びてきたウチならではの芸当ww



梅雨が明けた途端に寝苦しい夜が続いてます。風邪っぴきのままでしたら、クーラーや扇風機もウカツに回せませんので、たぶん汗だく汁だく特盛りでウンウンいうてたことでしょう。早めに治ってよかったです




さて、みなさますでにご存知でしょうが、


■Sankei WEB:ビクターとケンウッド、統合検討開始で合意


デジタル化やら何やらの波に押されて、かつての名門オーディオメーカーは、次々と市場から姿を消していってます。山水電気しかり、赤井電機しかり(AKAIは一部復活してますが)



VHSの名門ビクターも、格下であるケンウッド(旧社名トリオ)との経営統合を余儀なくされたワケです。ちなみにケンウッドというのは、トリオ時代の海外向けブランド名。さらにちなみに、そのトリオ時代に派生したのが旧ケンソニック、のちのアキュフェーズです




それはさておき、オーディオメーカー受難の時代は続きますな。アナログ時代は、製作する職人の技能が問われましたが、デジタル時代の今日は、製造ラインもデジタル化で、いかにコストダウンするかがメインですからね



とともに、一般ユーザーが大型コンポに興味を示さなくなったのも一因でしょう。いや、コンポに、というよりも「エエ音に」と言うた方が近いかもしれません



もちろん、いまでも「エエ音で音楽を聴きたい!」と、そういうシステムを求めるユーザーもいてるのですが、その数はごく少数で、巨大化した各メーカーを支えるほどやないんですな




ま、エエ音で聴くシステムを組むには、それ相応のゼニがかかりますし、「そこまでして…」と考えるのが一般的でしょう。「それなりの音」でも十分楽しむことは出来ますもんね



「それなりの音でエエよ」というのは以前からあった傾向なんですが、デジタル化で急激に促進されたように思います。おそらくそれが、オーディオメーカー凋落の一因やないかと思います




つまり、CDというヤツです



それまでのアナログレコードは、相応の環境やシステムを整えねば「エエ音」で聴くのはキビシかったんですが、CDは違います。「そこそこ」のシステムでも、一般的には十分とされる音質で再生することが出来るからです



これにMP3が加わり、「そこそこ傾向」はさらに加速されてきてるワケです。いろんな意味でメディアが軽い分、扱いも軽くなります。LPレコードがどこ行ったんかわかれへん!という事態は少なかったんですが、CD行方不明、MP3ファイル行方不明は頻繁にあると思います




言うてみれば、中身である「音楽」の扱いも軽くなってきとるのですな。あ、それでつながった。オーディオもCDの売上も落ちてる一方ですし、音楽自体もネタ切れになりつつあるこの流れは、「そこそこ」が蔓延した結果なのでしょう



少なからず音楽に携わる者としましては、これはカナシイことです。音楽は、記憶に残り歌い継がれるのやなく、ただ消費されるだけのブツに成り下がってしもとるからです。「時代とともに歌がある」なんてのは、もう昔の話になってしまうんですかねー





しかしながら、さして強烈な興味もない方々が、常に「そこそこ以上」を求めるかというと、そんなことはまずありません。せいぜい必要にかられてか、一時のブームに乗った時ぐらいでしょう



たとえば、わしはTV見ないっ子なので、映像関係にまるで興味がありません。高解像度のTVが欲しいとも思いませんし、「映ればエエ」程度の考えしかないです。ギターに興味が無いヒトに、「これはエエギターやで」と数十万のブツを勧めても、まぁ買いませんわな



消費材である以上、そういう扱いになるのはやむをえないのかもしれません。OSで付加価値を吊り上げていってるパソコンも、間もなく「そこそこ」で頭打ちになるでしょう。携帯電話も言うてる間にそうなります




さて、「そこそこ」の行き着く先は?

2007/7/25

速弾き  音楽総合
 
手持ちのギターをライブで使うていこうシリーズも、次回で最終となりました。29日のライブで登場するのは、先月に調整を終えたスキャロップのストラトです。クリックすると元のサイズで表示しますFenderロゴ入ってますが、あくまでもデカールのみのパチモンですww



音は、ルックスほどヘビーメタルwな音はしません。かと言うてブルースな音でもないです。ぶっちゃけ微妙ですね。まぁ、これはこれで面白いんですけど



スキャロップネックのギターを使うからというて、速弾きバリバリするわけやないですよ。元々このギターは、Vo.パンチくんの不安定な音程に対応するために作ったモノで、テクニカルプレイ目的のブツやないですから(笑




そんなわけで、本日は「速弾き」について。




なぜかわしは「速弾きするヒト」として見られてるようです。うーむ、おかしい。WOEPでそんな弾き方は、皆無と言うてエエぐらいしてませんのにね。たしかに速くっぽく弾くことも時々しますが、わしのは実速が遅いですし、難しいことも出来ませんし、正確性もありませんので orz



まぁ70年代なら、こんなわしでも「速弾きのヒト」やったかもしれませんが、今は2007年ですので、とてもそうは言えません。その点よろしくですww




ギターに限らず、速弾きというのは昔からあります。クラシックにおけるバイオリンや、カントリーのバンジョーなどは有名です。ジャズやブルースでも聴けますね



なんで速弾きするのか?理由はいろいろあると思いますが、主なモノとして


・スピード感を出すため
・ドライブ感(ノリ)を出すため
・曲やソロパートを盛り上げるため
・特殊な効果を出すため



ってな4つが挙げられます。いずれにしても、あくまでも「表現の一環」として速いフレーズが必要、という認識に基づいて速弾きされていました




ところが、90年代にイングヴェイ・マルムスティーンというメタル系のヒトが登場してから、状況は激しく変わります。クラシック調のフレーズを速く弾く、いわゆる「ネオクラシカル」と呼ばれる彼のギタープレイは、かなりの影響を後進に与え、以降、雨後のタケノコのように「速弾き+テクニック至上主義」的なギター弾きが大量に出てきたのです



これがまた、表現の一環なんてモンやなく、ひたすら速く弾き、ひたすらテクニックを駆使するというスタイルで、まるでF1レースでもやってるかのよう。おまけに、クラシック調といえば、揃いも揃ってバッハもどきばかりです。あとはせいぜいパガニーニぐらいですか。わしみたく古い人間からすれば、ぶっちゃけみんな同じように聞こえてしまうのです




そういうのが好きな方々もおりますので、否定はしませんが、歌えないような速いフレーズを延々と弾くことに、音楽屋として一体どんな意味があるというのか?はなはだ疑問です。ハードロックが衰退した原因は、過度なテクニック至上主義にあると思いますわ



そりゃね、超絶技巧を身につけるためには、凄まじい練習量をこなしているでしょうし、それはそれで素晴らしいコトやとは思いますよ



でもねー、音楽やってるんとちゃいますのん?表現の「一環」だけに集中されてもねぇ…。詰め込んだだけの音は、まるでヒロヤマガタやラッセンの絵のようですw



YouTubeを見てますと、日本人でも高度なテクでギターを速弾きする連中の映像に出会います。わしゃ最近のギター弾きには疎いので、先入観ナシで見てますけど、その連中から独自の「音楽性」を感じることは、ほとんどありません。いえ、わしの主観ですけどね





ちなみに、ちょいと前まで「世界最速ギタリスト」は、クリス・インペリテリというメタル系のヒトでしたが、現時点でギネス公認の世界最速は、ブラジルの、やはりメタルバンドにいてるこんなヒトです


■YouTube:Tiago Della Vega 38bps


ギネスブックに載ってるというだけでキワモノくっさいのですが、映像を見ますと、まあまあなんというか、びっくり人間大集合って感じですな(笑。もうエエわ

2007/7/24

夏  季節モノ
 
近畿地方も梅雨明けしまして、その途端、一気に気温が上がってくれました。暑い…。と言いたいところですが、昨年のこれぐらいの時期には、すでに日中33度で熱帯夜でしたので、ずいぶんマシに感じます



そのおかげか、去年ほど暑さで食欲が落ちたー!なんてことはありません。体調不良にもかかわらず、メシだけはガツガツ食ってましたのでw



おや、ラニーニャの年は猛暑になるんやなかったけ?



ちなみに、わしが2月に予想した気候変動(※過去ログ)については、見事にすべてハズレてました(笑。これで気象予報士になられへんことが自覚でけましたよママン orz



梅雨が明けて、これから急激にクソ暑くなっていくのでしょうか?風邪っぴきが言うんも説得力ありませんが、みなさまどうかご自愛の程を





夏本番というわけですが、今年はまだ、ビアガーデンにも海にも行ってません。ま、高い金払ってわざわざ水みたいなビール呑みに行ったり、芋の子どころかゴミを洗うようなビーチへ行ったところで、暑さが増すだけです



とか言いながら、やはり夏の風物詩的な気分を味わいたいという、実に平凡な欲求もあるのです(笑。たとえば肝試しであったり怪談であったりと、日常にささやかな涼しさを求めるのは、粋人のたしなみですから(?w



ここで今までなら「コチラ」とか書いた恐怖映像へのリンクを貼り、束の間の涼※参照)をみなさまにご提供していましたが、もう誰も引っかからなくなってしまいましたので、やりません。面白くないのでww




わしの判断基準は「面白いか面白くないか」、シンプルにそれだけです。メリットどうこうは、考えてるように見えて、実はあんまり重視してません。それが儲からない原因でしょうな orz

2007/7/23

朗報?  日常たわごと君
 
微熱もなくなり、あとはノドのイガイガを取るだけになった今回の風邪。とりあえずライブまでには治りそうです。いろいろとご心配、お悔やみの言葉、ありがとうございました。後者には呪いのビデオでも郵送しとこかと思うてますw




んで、朗報というか、パンチくんがなんとか職に就いたようです。それも、これまでのヤツからは考えられへん、朝早くからの仕事らしいです。みそぎのつもりで、頑張って勤めてもらいましょう(笑



昨日会うたらエエ色に男焼けしてまして、顔色もよくなってました。このままリズムを取り戻してくれたらエエんですけどね。まぁ自分の足で一歩進んだので、ひと安心ってところですわw




それと、朗報というかw、今日初めてTVで見ました。パソの方は以下のURLでご確認下さい

コチラ


Panasonic「ビエラ」のCMに、タテタカコさんの曲が使われてます。なんかやさしいイメージですな。TV見ないっ子なもんで、ようやく現物を確認した次第ですw




ウチも何かCMに使うてくれ!ww




モロに商品名が出てる『ワンカップ』は、大関酒造さんから「勘弁して下さい」という意味の貢ぎ物をいただきましたので、すでに却下済み orz



CMスターのトコロも却下済みですし、じゅんぺいさんは「『燃える男の唄』はヒゲ剃りのCMとかにピッタリやで」と言うてくれますが、そんな浮いた話にはなかなかなりません orz



まぁ企業イメージというモノから考えますと、ウチはちょいとあきませんな。ダーティではありませんが、生活臭がにじみ出過ぎというのは、あまり歓迎されないと思います(泣w



そんなわけで、ウチの曲がCMで流れまくりなんてことは、まぁまずないでしょう。そんなことがあったら、うれしがって全部録画してしまいそうです(笑




あ、それと1つ。




来月18日の盆踊りライブですが、あろうことかビールくんが日程を勘違いしてまして、その日に旅行を入れてしまってました(大汗。ですので、ただでさえ3人編成で「人減ったー!」やのに、このままでは18日はQちゃんとわしの2人になってしまうのです



助っ人マスゴンも、その日は来れないらしく、盆踊りでアコライブというのも、なんだかなぁです。困った困った。妙案ありませんかねー

2007/7/22

3人リハ  ライブ・活動
 
プリン療法はイマイチ効き目が薄かったようで、まだ本調子ではありません。ん?ひょっとして、もっとぎょうさん食ったら治るのでしょうか。そんな気もしますw



そんな体調不良ノドイガイガのまま、本日はスタジオ練習でした。3人編成では初です。しかも、あろうことかわしがボーカル兼ギターですよ奥さん。えらいこっちゃw



ギター弾きながらバンドで歌うのって、やっぱ超むずかしいっす(汗w。困ったもので、微妙にリズムが突っ込み気味になってしまうのです。ゲイリームーアはすごいなぁ。要練習だわー、まいったまいった orz



面白かったのは、楽器隊はメンバー変わらずのはずやのに、バンドサウンドが大きく変わったことです。まるで別のバンドのようです(笑。うーむ、こりゃ何ですかね?ボーカル変わるだけで、こんなにも変わるものなんでしょうか。そういうモンなんでしょう



これが「エエ」のか「アカン」のかは、見てくださる方々に判断していただこうと思うてます。いや、本人達は結構面白いと思うてるのですけどね、お客さんあってのバンドですので



そんなわけで、今週日曜7/29はライブです。来てね!


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ