2007/7/11

時間よ、止ま  音楽総合
 
ALEX CUBA BANDのCDを聴いてました。クリックすると元のサイズで表示しますこれは借り物なんですが、うーん、かなりエエですね。若さと渋さと切なさの同居、といった感じのアルバムです。自分でも買うてみます



このバンドは、矢野沙織ともジョイントしてたんですね。知らんかったわー。ざっと採譜などしてみましたが、シンプルながら泣かせるアレンジも多く、やっぱ音楽はハートやで、うんうん。と1人うなずいておりました(笑




自分が疎いジャンルの音楽を聴く友人がいるということは、たいへんありがたいものです。いろいろ情報を得られますので。もちろん、その人のフィルターは通るのですが、それでも「とっかかり」が得られるのは大きいのですよ



わしゃロック屋ではありますが、聴く方については超雑食性でして、ジャンルにこだわりはありません。エエもんはエエ、ただそれだけです



ま、そうやなければ、あの「雑多やのにスジが通った楽曲」を演ろうとは思いませんわww



そんなわけで、よさげな音楽屋さんがおりましたら、有名無名ジャンル今昔問わず、ぜひ教えてくださいまし。でも、もしもわしの趣味に合わんかったらごめりんこですm(_ _)m





さてさて、ウチらはいちおう「ブルースを下敷きにした音楽」をやっています。どんな感じのんやってるの?と聞かれると、返答に困ってしまうことが多々あったのですが、最近はそのように答えています(笑



しかしながら、ちょっと前にも書きましたが(※過去ログ、オールドブルースの「型」や「お約束」を絶対視してるような連中は、どうもニガテというか好かんのです。どれだけウマかろうが、敬意のカケラも払うことが出来ません




もちろん、トラディショナルなものを追求し、継承しようとする姿勢は素晴らしいと思いますし、決して否定すべきモノや無いのは理解しています




ただね、「時間が止まったままの音楽」を絶対的なモノやとは、とうてい考えられんのです。それを言い出したら、音楽は昔の時点で終わっとることになり、バロック以降はすべてクソということになります。いや、原始の叫び声以降はクソですかねw



時代とともに、ブルースも変化し、進化していって当然やと思うのです。不遜な考えかもしれませんが、先人達が残してくれた「素晴らしい音楽」という「問い」に、自分としての「答え」を返したいという想いが、ずっとあるんですわ




そやから雑食でエエのです。雑食でありながら、ブルースという「核」があることで、全体にスジというか背骨が通りますので、それでエエと思うてます



でも、難しいコトをやるつもりはないです。敷居の高い音楽は、マニア心をくすぐるんでしょうけど、純粋に楽しまれへんのよ。知的に楽しむ?はぁ?音楽ですよ。アホとちゃうか?そんなのはわしに言わせればウンチク垂れの自慰行為でしかありません。モード以降のジャズ、近年のハードロックなどは、モロにコレに当たるのでキライです





ごちゃごちゃしやんでもエエんですよ。大音量のバンドであれ、ささやくよな弾き語りであれ、形態は何でもよろしいやん。シンプルながら心に染みるってーのが、わしゃ大好きですねー

2007/7/10

わしのこと  日常たわごと君
 
パンチくん一時離脱のお知らせをしましたところ、ちびっとアクセス数が伸びました。どうもヤツは愛されてるようです(笑。もしくはネタ扱いでしょうか。ちなみに本人もココ見てますw



ま、ボチボチという感じでやってるみたいですわ。動けばそれなりに結果は出ますからね。生あたたかく、ジメジメと見守っていただければ幸いです(ぉぃw




さて今日は、わしのことについて書きましょうか。




最近も言われたんですが、よく「anbaちゃんは何となくしゃべりにくいねん」とか「近寄りにくいねん」などと言われます。うーむ、本人はいたってフランク永井のつもりなんですが、そういうイメージを与えてしもてるようです orz



アレですよ、別に「アナタ達とは違うのよ、フン!」とか、「自分を安売りはしないぜ!」とか、カリスマ性を帯びようとか、秘密主義wとか、そんな考えは毛頭ないのですよ。逆に否定してるぐらいです。でも、そない見られてしまうんかなぁー;




たしかに、パンチくんみたいに、人を問わず自分から話しかけにいったりは、あまりしません。それに、仲が良かろうが目上の人やろうが、イヤなモンはイヤ、アカンもんはアカンとハッキリ言います。このあたりがイカンのやろなぁ



さすがに大人ですので、引くこともオブラートに包むことも覚えましたし、世渡りの術も(そこそこは)身に付けているつもりです。んが、やっぱり言うてしまうのです(汁




心に壁があるのか・・・!??




などと思春期なら苦悩したかもしれませんが、オッサンですのでw、別にどうとも思うてません。むしろ、ヘンなヤツが寄ってこなくてエエわい、と思うてるぐらいでして(←たぶんそれも良くない orz




でもまぁ、しゃべると面白いとは思うてるんですけどね、自分では(笑

2007/7/9

お知らせです  ライブ・活動
 
昨日の日記の最後に書いてました「みなさまへのお知らせ」です。すでに前から予告?しておりましたが、Vo担当のパンチくんが、昨晩のライブをもちまして、いったんバンドを離脱し、当面休業することになりました



7月いっぱいまでは活動の予定でしたが、本人が不安定なことと、フラフラせず地に足つけさせるためにも、ちょっと早めて休業させることにしたのです



いちおう「休業」扱いですので、やめるわけではありません。ただ、復帰がいつになるかはパンチくん次第でして、今は何とも言えません




予告してたとはいえ、応援してくださってる方々にとりましては、「はああ…」ってな感じのタメイキものやと思います。すいません。本人にかわりまして、お詫び申し上げます m(_ _)m




不安定→休業に至った理由につきましては、プライベートなことでもありますので、どうかご容赦下さい。1つ言えるのは、彼の「身から出たサビ」であり、これまでの甘さや逃げが生んだ結果やということです。自分でケツ拭いてもらわなアカンのですわ




今後WOEPとしては、当面はわしがメインVo兼Gtで、3人編成で活動していきます。でも、バンドより弾き語りが中心になるかもしれません。も1人ギターがいればねー ww



パンチの歌があってこそのWOEPやないか!という方々には、重ね重ね申し訳ないです。ただ、なんというか、バンドとして、待ってくださってるお客さんのために、ここで活動を止めることは出来んと判断しまして、こういうカタチにしていこうと思ったのです





パンチくんが、しっかりと生活基盤を築き、もういっぺんバンドもシッカリやりたい!と復帰してくればエエんですけどね。繰り返しになりますが、今んトコ何とも言えないです



とりあえず、活動の止まったバンドへ「復帰」もクソもないので、動いてれば、まぁそのうち復帰するコトも有り得るかも。程度に考えています




そんなわけで、当分は3ピースバンドになるWOEPですが、それでもよろしければ、引き続き応援よろしくお願いいたします。


クリックすると元のサイズで表示します

2007/7/8

ロックで泣く  ライブ・活動
 
本日は谷6のPage Oneにて、トンズさんとの対バンライブでした。こないだと違って晴れてくれまして、まずはひと安心です



ご来場いただきましたみなさま、いつもながら、ホンマありがとうございました。音楽屋は、聞いていただけてナンボのモンですので、みなさまのご支援は、とてもありがたいのです



それに、オッサンバンドのライブにもかかわらず、女性のお客様、それも美人な方に多くご来場いただきまして、鼻の下を伸ばした、いや、これこそが求めていたカタチだと喜んだ次第ですw



先行はトンズさん。クリックすると元のサイズで表示しますうむ、エエです。サウンドバランスもナイスで、全員から「バンドサウンドを出そう」という意思が感じられます。細かいミスはどうでもいいのです。要は「空気感」が出てればエエのですから



自分達も楽しみ、お客さんのハートをガッチリつかめてたのやないでしょうか。その点では、今日のライブはかなり高得点やったと思います。どんどん突っ走っていただきたいです



そろそろ「影プ」も引退させていただこうかとww





お次はウチです(Photo by しずちゃん)

クリックすると元のサイズで表示しますセットリスト

・秘密のビーチ
・たまご
・男の戦い
・長屋
・花太郎
・フリフリQ
・世界のビール
・Melty Twilight
・酒飲みワルツ

・のみすぎた(アンコール)



夏場になると、メンバー全員がメインボーカルをとるWOEPです(笑。まぁ実に怒濤の盛り上がりをみせまして、アンコール曲では涙した方々もいたと、あとで聞きました



なんでしょうね、やってる側には多少なりの意図はあったとはいえ、予想以上の反応に「????」なトコもありました。ライブってば、そんなもんなんですかね〜



でも、いいライブでした。トンズさん、お疲れ様でした。また一緒に遊びましょう





明日はみなさまにお知らせがあります。とりあえず今夜はこのへんで。

2007/7/7

明日はライブです  音楽総合
 
ストラトキャスターというギターがあります。普段わしが弾いてるのは、ほとんどこのタイプです。クリックすると元のサイズで表示しますちなみに、現在わしはFender社のギターを1本も持ってませんので、厳密には「ストラトタイプ」ですがw(※ストラトキャスターはFender社の登録商標です)



長年ストラト使いですので、わしには実感がないのですが、ギブソン系から持ち替えたヒトにとっては、どうも弾きにくいギターやそうです



ちょっと考えてみたところ、ははぁなるほど。まずネックの長さが違います。ギブ系がミディアムスケールなのに対して、ストラトはそれよりも長いレギュラースケールです。当然、フレットの間隔も長くなりますので、こりゃ弾きにくいかもしれません



そのフレットについても、ギブ系は太くて高めなんですが、一般的なストラトは細くて低めです。さらに指板にR(曲面)がついてますので、摩擦係数が高くなりやすく、弦高も高くなりやすいのです



しかし、それらよりも問題なのが、あの音でしょう。シングルコイルPUを載せていることと、シンクロナイズドトレモロ搭載でボディ内部が大きく削られているせいで、軽い音になり、右手のピッキングをしっかりコントロールする必要が出てくるのです




ゆえに「弾きにくい」と感じるのでしょう




ま、近年はそれらの「難点」をカバーしたストラトも出てますので、一概には言えないんですけどね



ただ、わし自身、「人生ギター」からレスポールなどに持ち帰ると、弾きやすぅ!と感じたりしますので、やはり弾きにくいギターなのでしょう(笑





そんな弾きにくいギターを、明日は2バンドとも使ってライブをしますw。ストラト祭ですか?7/8午後7時開演、谷町6丁目「Page One」にて、vsトンズさんです。みなさまのお越しをお待ちしております!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ