2007/5/5

安全はどこへ?  時事・社会
 
蒸し暑い子供の日でした。子供が蒸し暑いのですか?とか聞かんといて。日本語は難しいのですw



子供といえば、遊園地が大好きです。わしは貧でしたので、めったんことでは連れて行ってもらえませんでした。ごく稀に行ったとしても、中の乗り物で遊ぶなど言語道断。せいぜいコーヒーカップでクルクル回る程度でしたよ(涙 orz



そんな遊園地で事件が!


■中国新聞ニュース:乗客、恐怖の2分間 歓声、一転悲鳴に


大阪吹田市のエキスポランド内にあるジェットコースター「風神雷神2」が、走行中に車軸が折れて脱線。お1人が亡くなられたそうです…


そして同日、


■日刊スポーツ:福井でもジェットコースター事故で軽傷



どうやら子供の日は、ホンマの意味で「絶叫コースター」が走りまくってた模様。これはシャレにならん。ああいう乗り物は、「絶対安全」という前提でこそスリルを楽しめるんであって、「絶対…とは言い切れませんが」では困る。乗るたびに客が、「いかなる事態になろうとも自己責任です」などという誓約書を書かされるハメになるやないの



遊園地も経営が厳しい、それはわかります。しかし、安全という前提がないと成立せえへんアトラクションを導入しとるんですから、それの責任はキッチリ果たしてもらいたいです





それにしても、昨年ぐらいから「安全神話」が目に見えて崩れてきてますね。飛行機、家電品、食品、保険、などなど。特に企業がらみのそれが目立ちます



わしなんかヒネてますからね、リストラという体のいい人減らしや、準社員化を進めて人件費を抑え、企業の体力や競争力がアップした!とか言いながら、やってることはコレかよ。と思うてしまうのです



少数精鋭+能力主義も結構なんですが、人間ってやー、1人で何でもかんでも出来るモンとちゃいますやん。人減って仕事量倍増、しかし待遇悪化。そんな状況では疲弊もするし、ヒューマンエラーも多発するでしょう。歪みがたまってきとるのですよ




企業さんもアレです、不祥事のたびに、アホの1つ覚えみたくお詫びCM流すんやなく、そろそろ根本的なコトを見直した方がエエです。世界の市場がターゲットで、世界の企業が競争相手なんか知りませんが、足元がそれでどないしますねんな?






アンタらの会社で働いてる人達は、アンタらの製品やサービスの「お客様」でもあるのだ





そこんとこお忘れなく


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ