2006/12/21

ただしいわしょく  時事・社会
 
もうずいぶん前なんですが、関東地方に住んでいいた頃のお話。大阪の味が無性に恋しくなりましてね。渋谷を歩いてましたら、「関西風お好み焼き」という看板を発見。こりゃ食うべし!と店に入り、わくわくしながら待ってますと、



出てきたのは、



どう見ても「クレープ」



わりゃああっ、どこが「関西風お好み焼き」なんじゃああっ!!#



怒り狂ったのは言うまでもありません。「どうせ東京の人間にはわかりっこないから」と、ええかげんな看板で商売しとるのもアレですが、コレを「本物の関西風」と思い込んで食べる人がいることに、なんか悲しさというか憤りを覚えたのです


しかしながら、この時、大阪と東京の距離を、あらためて実感したのでした。結局のところ、東京にとって、大阪は地方の一都市でしかなく、食文化を含め、別に本物やなくても「それっぽい」ならば、関西風の看板をあげることに何の抵抗もないのや、と。



これは約20年前のお話です。さすがに現在では改善されていて、東京でも「本物の」関西風お好み焼き店は増えています




これと似たような話が、和食の世界で起こってます

■Sankei WEB:「正しい和食」認証制度に米メディア猛反発

米国では和食/日本食ブームが続いておるのですが、和食とはかけ離れた料理を出してるにもかかわらず、「日本食」の看板をあげているレストランも多数あるのやとか。そのため、農水省が「正しい和食の認証制度」導入を検討しているそうです



ほほぅ、で、



正しい関西風お好み焼き認証制度は無いのかね?



ぶっちゃけ、たわけた話やと思います。国内ですらアレやのに、海を越えれば、そりゃ解釈も変わるでしょう。それに、他国にそれをやるならば、「正しい中華料理認証制度」や「正しいインドカレー認証制度」もアリでしょうに


まぁね、わしが東京で感じたように「こ、これが日本食やというのか!あまりにもバカにし過ぎてるッ!」と憤りを感じた方も多いのかもしれません


でもね、お役人さんがそう感じたのなら、「正しい和食」を提供する店が米国に進出するのを手助けしてやった方が、よっぽど効果的やと思うんですけどね。あちらさんに「正しい和食の素晴らしさ」を理解してもらえるよう努めるのが先でしょう。制度や機関をつくっても、どうせムダ金使いで終わりますやん。何の効力もないんやし



というか、



そもそも「正しい」って何ですのん?



正しいロック とか
正しいブルース とか



笑えますわww


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ