2006/12/13

いのち  時事・社会
 
おやまぁ、またアクセス数が伸び始めたわ。昨日書いた、まさお君の死去のせいですか。と思ってたら、このキーワードで検索して来られた方々も多かった模様


■YOMIURI ONLINE:今年の漢字は「命」


そういえば昨年、たしかに書きました。読み返してみると、生半可な知識で書いています(汗。この「今年の漢字」は、清水寺の坊さんが決めてるのではなく、日本漢字能力検定協会というところが、毎年決めてるのやそうです。1年経ってから、すんませんでした m(_ _;)m



ほんで、今年は「命」でした。わしねー、ちょびっとイヤな予感してたんですよ。なんでって、去年が「愛」でしたやん?今年は「美」とかになるんちゃうかなーって



「命」で良かったです。マジでもう、キレイゴトはいらないです



約3年半ほど前のお話。『落花生』をリリースして、しばらく後ですかね。WOEPは独自でニューアルバムを作ろうとしていました。メンバーで選曲もして、一部はレコーディングまでしてたんですよ



そのアルバム名(候補)が、奇しくも『命』でした



アルバム『命』は、バンドの状況が思わしくなかったこと、レコーディングがうまくいかなかったことなどもあり、残念ながらオジャンになってしまいました。録音した楽曲の一部(長屋、花太郎、銭湯、世界のビール)は、Webで公開してましたので、まぁそれで勘弁してください(笑


何がアカンかったのか、具体的に言いますと、タイトルに見合う内容や演奏ではなかったのです。なんぼ言うても『命」ですからね。中途半端な内容にはできません。ウチらは、普段いいかげんにやってますが、そのあたりはシビアなのですww




まぁそれにしても、「命は大切なもの」なんて言葉が空々しく感じられるほど、イヤな出来事が頻発してます。それも連鎖反応的に起こってるのが、どうにもよろしくありません


命を失うというのは、単体の機能が停止するだけやなく、その人にまつわる様々な可能性、人、モノ、出来事までを巻き込むということです。辛くてしんどいかもしれませんが、なんとか生きてほしいです



命果報どぅ孵果報
(ぬちがふーどぅ しでぃーがふー)



命あってこそ幸せに巡り会える、という意味の琉球方言です。どうか強く生きて下さい


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ