2006/12/9

GT-5  音楽総合
 
約10年ほど前に発売されたBOSSのマルチエフェクターです。発売当時は、同社マルチタイプの旗艦やったこともあり、結構なお値段がしたものです


ちなみに、わしも買いまして、クリックすると元のサイズで表示しますしばらくライブ等で使うてましたが、飽きたので引退させてました。しかし、画像のような状態になってますので、もはや転売は不可能(笑。現在は機材庫(押し入れ)で眠っていらっしゃいますw


このGT-5、リリース当初はユーザーにも歓迎されたのですが、その後「歪みが使えない」という評判が広がり、いまでは「GT-5?ありゃダメやね」という評価が一般的のようです


たしかに、LINE6社のPODに代表されるギターアンプシミュレーターとして考えますと、「??なんじゃコレ?」的な音ではあります。プリセットの音もイケてません。BOSS特有の妙な音質のクセもありますし、ROLAND社製品にありがちなジョグダイヤルの不具合も付いてきます



でもね、しょせんエフェクターなんやし、傾向を知った上で、ユーザーが工夫して使えばエエんですよ。と思います。実際、わしはそれなりに使えていました。『うたもの』に入ってる「桜」や「時の回廊」は、GT-5で作った音ですよ



というかさ、批評する前にちゃんと使えよ。GT-5にはユーザーカスタムアンプの機能もありますが、これ使ってるヤツは、ほとんど見ませんでしたよ


プリセット音をちょろちょろいじくるだけで「サウンドメイキング」などとぬかしてくれるガキな諸君は、どんな機材を使うても「エフェクターの音」しか出されへんのとちゃいますか?自分の音をイメージでけへんから、機材の音に左右されるんですよ。と皮肉っときますw



そんなわけで、久々にコレを使うことにしました



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ