2006/12/4

弦の張り替え  音楽総合
 
今週の日曜はライブです。そろそろライブ用ギターの弦も交換せにゃなりません。クリックすると元のサイズで表示します今回は何を張りましょうか。画像は左からエリクサー、GHS、アーニーボールの弦です。この他、ダダリオも使いますが、いまは手持ちがありません


エレキギターの弦といえど、各メーカー、製品によって、操作性や音が変わります。偏見に満ちたレビューをしますと


ダダリオ:テンション(張力)がパンパンにキツイ弦です。すぐ黒く変色するのも難。音はなかなかエエ感じでして、馴染むのも早く、劣化する時もゆるやかです

GHS:ダダリオほどではありませんが、これも張力強め。個人的には一番好みの音で、レコーディングにはコレを使用しています。馴染みも早く、劣化もゆるやかです

アーニーボール:上記2つとは逆に、テンションがベロベロに緩いので、操作性は抜群です。音もエエのですが、劣化が異常に早く、切れやすいのが超難点です。ボールエンドに難もあったのですが、現在は改良されてるようです

エリクサー:値段は高いのですが、アホほど長持ちしてくれます。操作性も良好です。しかし、やたら弦鳴りする傾向があり、張ってしばらくは、馴染むまで弾きこむ必要があります。あと、生音は最悪



このあたりは、まぁ好みの問題ですね。ギターや状況に応じて、使い分けるのもエエと思います。わし自身は、激安!楽器屋オリジナル弦!というのは、さすがに敬遠しますが、上記に挙げたメーカーのものなら、別にどれでもエエと思うてます



ディーンマークレイの弦は、以前ちょろっと使うてましたが、ボールエンドの処理が甘いものが多かったので、今は使うてません。フェンダーの弦は好みじゃないです。そういうたらガリの弦は、まだ使うてませんでしたね




さてさて




この日記の読者な方々はご存知かと思いますが、わしは弦の交換に、異常に時間をかけるヤツです。いまだスムースにはいきませんの orz


だいたい、パッケージに丸まって入れられてる弦を「真っ直ぐ張る」こと自体、理にかなっていません。しかし、よじれたまま張ると、チューニングが狂いやすくなりますので、がんばって真っ直ぐ張ってます


弦の張り方は、ギターのセッティングやペグのタイプによって異なりますので、一概に「これが絶対!」とは言えません。ただ、ヘッドから弦がビヨ〜ンと飛び出してるような張り方や、巻きが不安定なものは、どう考えてもNGです




弦を張り終えると、続いてチューニングをせなあきません。わしのように正規の音楽教育を受けてない人間にとっては、これは音感を鍛えるエエ機会なのです


はい、そうです。チューニングメーターを使わずに、耳だけでチューニングするのです。最初の頃は、実際に出すべき音と果てしなく離れたチューニングをしてしまうなど、自分の未熟さにアタマを打つ日々が続きましたが、現在では、さすがにセント単位では合わないのですけども、それなりに合うようにはなりました


やってみたいという方は、いきなり開放弦の音を覚えるのはキビシイと思いますので、最初は自分の弾き慣れたフレーズの音(の記憶)を元にするとエエでしょうね。馴染みのコードでもエエでしょう。そのうち、開放の音やハーモニクスでも出来るようになります



弦のチューニングが完了したら、出来ればブリッジ側の調整もして下さい。いわゆるオクターブチューニングです。これをやらない方は結構多いのですが、ホンマは弦交換のたびにやった方がエエのです



では今夜はこのへんで。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ