2006/9/25

どっちがどうdeショー  よみもの
 
コミックバンチクリックすると元のサイズで表示しますという週刊雑誌があります。いわゆるマンガ雑誌で、エロ本ではありません(笑。「北斗の拳」や「シティハンター」のアザーストーリーが載ってたり、昔の「少年ジャンプ」「サンデー」読者世代を取り込もうという姑息な姿勢が見えながら、内容に手抜きは感じられず、まずまずの雑誌です。あ、ちなみに集英社ではなく、新潮社ですw


そこに「コンシェルジュ」というホテルスタッフの漫画が連載されていましてね。普段は、まぁよくある「ホテルもの」な内容なのですが、先週発売された号(No.257)に載っていたモノには、ちょっと驚かされました


【あらすじ】
無農薬野菜を至上とするベテラン漫画家と、その傲慢さを批判する若手漫画家。ホテル内でイザコザがあったことから、スタッフが仲介に乗り出す。料理で和解してもらおうと、コンシェルジュが出したものは「無農薬野菜」。ところが…



次号につづく。



あ、うそですwww



何に驚かされたのかと言いますと、その「無農薬野菜」についての描写に、です。みなさんの多くは、無農薬野菜と聞くと「安全」で「おいしい」というイメージを抱かれることでしょう。虫食いの痕がある野菜は、「虫が好んで食べるほどおいしい」といわれてたりしますもんね。いや、実はわしもそう思ってました



しかしながら、この漫画によりますと



無農薬野菜は危険らしいのです



いくつかの野菜が例に挙がっています。たとえばトウモロコシは、虫害を受けるとカビの感染を受け、そのカビは「アフラトキシン」等の猛毒を生成する、とか。※アフラトキシンは最強の天然発がん物質といわれており、毒性はダイオキシンの10倍以上とされています(本文より)


農薬は、それら虫害や病害を防ぎ、味を最大限に引き出す助力をしているのやとか。ふぅむ、なるほど…



最も驚かされたのが、無農薬栽培された虫食いキャベツの例でした。外敵に対して、追い払うことも逃げることも出来ない植物は、自分の体内で自然の農薬のような物質を自家生成しており、その量と毒性は残留農薬の比ではないのだ、というくだりには、思わず



まーじーかーよー orz



となりました。農薬を使えば、ある程度コレの生成を抑えられるらしいのですが、それでも虫害を受けると、さらに大量の農薬様物質を自家生成するようなのです



つまり、「虫食い野菜=デンジャラス」ということでしょうな。おーこわ



ま、この内容をすべて真に受けるかどうか、それは読者に委ねられるのでしょう。とりあえず、ネット上にある意見を見て回ったのですが、「無農薬至上派」と「そうとも言えないよ派」にわかれていました


無農薬(厳密には「減農薬」)至上主義な方々は、残留農薬による危険性を訴えておられます。たしかに、農薬にはよろしくないイメージがつきまといますし、実際に発がん性だけでなく、それによる各種のアレルギー症状で苦しんでおられる方も大勢いらっしゃると聞きます


ただ、みんながみんな、無農薬野菜を口にできるワケではありませんし、栽培できる環境も限られています。さらに、無農薬を謳っていながら「実は農薬漬け」という野菜もあります。こうなってくると、何がホンマなのか、アタマを抱えてしまいます



情報に惑わされ、カタチを追うばかりに本質を見失ってしまうようなことは、避けたいものです。やっぱ、いろいろ勉強しろゆうコトでしょな。はああ(ため息

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ