2006/9/24

彼岸にスタジオ  ライブ・活動
 
ヒガンバナ、別名:曼珠沙華(まんじゅしゃげ)。クリックすると元のサイズで表示しますそういえば、山口百恵の曲にもありましたね(あれは「まんじゅしゃか」と読ませてましたが)。お彼岸の時期に合わせたように咲く花で、地中から茎が伸びてきて、葉っぱをつける前に、いきなり花が咲きます


国内のヒガンバナは、遺伝的に同一のようで、種子では増えず、株分けというカタチで広がったようです。月下美人もそうですね


たいていの場所には咲きますが、この時期、特にお墓の周辺に咲くヒガンバナは、実に妖しく、また不思議な感じを与えてくれます。画像の白いヒガンバナは、男タワー周辺にヒッソリと咲いていたもの。あのタワーは巨大な墓標なのかww



そう、いまはちょうど「お彼岸」です



そしてWOEPは、恒例・ライブ1週間前のスタジオ入りでした。ウチにしてはテンポの速い新曲に挑戦。うむ、やはりしんどいです(笑。技術うんぬんの前に、体力の問題ですな orz


しかしながら、ビールくんが頑張ってくれまして、なんとかカタチにはなりました。今週土曜のライブでお披露目いたします


場所は緑橋のSEVEN DAYS OSAKAというハコです。前売\1,000ですが、当日の受付で「WOEP見に来た」と言うていただければ、前売り料金でご入場いただけます。できれば、ご予約いただけるとありがたいですm(_ _)m

■ご予約メールはコチラへ、お名前と枚数をお知らせ下さいまし

■SEVEN DAYS OSAKAのサイトはコチラです。地図あり。携帯でも見れます




今回の練習では、ピッキングスタイルを大幅に変更してみました。なかなかコントロールしきれない点もあるのですが、思ってたほど悪くなく、むしろ曲によってはエエ感じが出せました。本番でもやってみます。うまくいくかな〜?ww



練習後は、昨晩に続けて二周年を祝いにwサウスへ。常連さんが「長門峡(ちょうもんきょう)」という山口の地酒を土産に持ってきてくれました。大吟醸、精米歩合35%、日本酒度+5、山田錦。またこの酒がンマイ!再び日本酒熱に火が点きそうでした



さあて、今週もがんばるじょー!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ