2006/9/22

空と個性と  日常たわごと君
 
久しぶりに、お空の観察日記
クリックすると元のサイズで表示します


朝10時頃、ふと北の方を見上げたら、青空に一条の飛行機雲・・・ではありません(画像1)。この位置に航跡が残る路線は無いからです。それに、もっとシャープですし、飛行機雲みたく、時間がたってもモワモワしません。しかし、見事なまでに一直線。これは何でしょう??


このあと、この雲はモワモワすることなく、シャープなまま細くなって消えました。うーむ



お空といえば、猛烈な台風が日本近海におります。台風14号(アジア名:YAGI)で、中心気圧は現時点で915Hpという低気圧っぷり。関西には大きな影響は無いと思うのですが、進路付近にお住まいの方々は、どうかご用心をば


それにしても、近年の台風は大型化してるような気がするんですが、どうでしょ?こないだの12号も「猛烈」やったはずです。ちなみに、「猛烈」とか「非常に強い」という台風の基準については、以下でどうぞ

■気象庁|台風の大きさと強さ


台風が来ると、妙に興奮したガキの頃でしたが、余計なオマケ(災害など)はいりませんねん。空から1万円札が降ってくるような台風キボンヌww



話かわりまして



画像2は、トンズのバーボン監督のブログクリックすると元のサイズで表示しますでコメントしました、「Music and Rhythm」というアルバム。WOMADフェスティバルという催し?に参加した、第三世界のミュージシャンを集めたコンピレーションです。XTCやピート・タウンゼント、ホルガー・シューカイも参加してます


これ、トーキングヘッズのデビッド・バーン監修やと思うてたのですが、そういうわけではないようで、どちらかといえば主催はピーター・ゲイブリエルのようです


CD化はされてないみたいですので、アナログ盤(2枚組)でゲットして下さい。わしは持ってたはずなんですが、いつの間にやら手元から行方不明で、いまはテープに落としたモノしかありません(涙。借りパクしたヤツ、早く返してくれ〜



こういうクセのある音楽を聴きますと、「オリジナリティなんて関係ない」と語る連中が、ますますアホに思えてきます。自己表現であるはずの音楽に、オリジナリティが無いというのは致命的やからです。たとえカバーであっても、オリジナリティはあって然るべきものやと思います。それが証拠に、クラシックは演奏者や指揮者が変わると、その表現も、時には曲調すらも変わってますやんか


いろんな考え方があるのはわかりますが、「個性にこだわらない」考え方というのは、音楽屋としましては理解に苦しみます。ま、今は個性が強すぎると、売りにくいらしいんですがね(笑 orz


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ