2006/9/25

どっちがどうdeショー  よみもの
 
コミックバンチクリックすると元のサイズで表示しますという週刊雑誌があります。いわゆるマンガ雑誌で、エロ本ではありません(笑。「北斗の拳」や「シティハンター」のアザーストーリーが載ってたり、昔の「少年ジャンプ」「サンデー」読者世代を取り込もうという姑息な姿勢が見えながら、内容に手抜きは感じられず、まずまずの雑誌です。あ、ちなみに集英社ではなく、新潮社ですw


そこに「コンシェルジュ」というホテルスタッフの漫画が連載されていましてね。普段は、まぁよくある「ホテルもの」な内容なのですが、先週発売された号(No.257)に載っていたモノには、ちょっと驚かされました


【あらすじ】
無農薬野菜を至上とするベテラン漫画家と、その傲慢さを批判する若手漫画家。ホテル内でイザコザがあったことから、スタッフが仲介に乗り出す。料理で和解してもらおうと、コンシェルジュが出したものは「無農薬野菜」。ところが…



次号につづく。



あ、うそですwww



何に驚かされたのかと言いますと、その「無農薬野菜」についての描写に、です。みなさんの多くは、無農薬野菜と聞くと「安全」で「おいしい」というイメージを抱かれることでしょう。虫食いの痕がある野菜は、「虫が好んで食べるほどおいしい」といわれてたりしますもんね。いや、実はわしもそう思ってました



しかしながら、この漫画によりますと



無農薬野菜は危険らしいのです



いくつかの野菜が例に挙がっています。たとえばトウモロコシは、虫害を受けるとカビの感染を受け、そのカビは「アフラトキシン」等の猛毒を生成する、とか。※アフラトキシンは最強の天然発がん物質といわれており、毒性はダイオキシンの10倍以上とされています(本文より)


農薬は、それら虫害や病害を防ぎ、味を最大限に引き出す助力をしているのやとか。ふぅむ、なるほど…



最も驚かされたのが、無農薬栽培された虫食いキャベツの例でした。外敵に対して、追い払うことも逃げることも出来ない植物は、自分の体内で自然の農薬のような物質を自家生成しており、その量と毒性は残留農薬の比ではないのだ、というくだりには、思わず



まーじーかーよー orz



となりました。農薬を使えば、ある程度コレの生成を抑えられるらしいのですが、それでも虫害を受けると、さらに大量の農薬様物質を自家生成するようなのです



つまり、「虫食い野菜=デンジャラス」ということでしょうな。おーこわ



ま、この内容をすべて真に受けるかどうか、それは読者に委ねられるのでしょう。とりあえず、ネット上にある意見を見て回ったのですが、「無農薬至上派」と「そうとも言えないよ派」にわかれていました


無農薬(厳密には「減農薬」)至上主義な方々は、残留農薬による危険性を訴えておられます。たしかに、農薬にはよろしくないイメージがつきまといますし、実際に発がん性だけでなく、それによる各種のアレルギー症状で苦しんでおられる方も大勢いらっしゃると聞きます


ただ、みんながみんな、無農薬野菜を口にできるワケではありませんし、栽培できる環境も限られています。さらに、無農薬を謳っていながら「実は農薬漬け」という野菜もあります。こうなってくると、何がホンマなのか、アタマを抱えてしまいます



情報に惑わされ、カタチを追うばかりに本質を見失ってしまうようなことは、避けたいものです。やっぱ、いろいろ勉強しろゆうコトでしょな。はああ(ため息

クリックすると元のサイズで表示します

2006/9/24

彼岸にスタジオ  ライブ・活動
 
ヒガンバナ、別名:曼珠沙華(まんじゅしゃげ)。クリックすると元のサイズで表示しますそういえば、山口百恵の曲にもありましたね(あれは「まんじゅしゃか」と読ませてましたが)。お彼岸の時期に合わせたように咲く花で、地中から茎が伸びてきて、葉っぱをつける前に、いきなり花が咲きます


国内のヒガンバナは、遺伝的に同一のようで、種子では増えず、株分けというカタチで広がったようです。月下美人もそうですね


たいていの場所には咲きますが、この時期、特にお墓の周辺に咲くヒガンバナは、実に妖しく、また不思議な感じを与えてくれます。画像の白いヒガンバナは、男タワー周辺にヒッソリと咲いていたもの。あのタワーは巨大な墓標なのかww



そう、いまはちょうど「お彼岸」です



そしてWOEPは、恒例・ライブ1週間前のスタジオ入りでした。ウチにしてはテンポの速い新曲に挑戦。うむ、やはりしんどいです(笑。技術うんぬんの前に、体力の問題ですな orz


しかしながら、ビールくんが頑張ってくれまして、なんとかカタチにはなりました。今週土曜のライブでお披露目いたします


場所は緑橋のSEVEN DAYS OSAKAというハコです。前売\1,000ですが、当日の受付で「WOEP見に来た」と言うていただければ、前売り料金でご入場いただけます。できれば、ご予約いただけるとありがたいですm(_ _)m

■ご予約メールはコチラへ、お名前と枚数をお知らせ下さいまし

■SEVEN DAYS OSAKAのサイトはコチラです。地図あり。携帯でも見れます




今回の練習では、ピッキングスタイルを大幅に変更してみました。なかなかコントロールしきれない点もあるのですが、思ってたほど悪くなく、むしろ曲によってはエエ感じが出せました。本番でもやってみます。うまくいくかな〜?ww



練習後は、昨晩に続けて二周年を祝いにwサウスへ。常連さんが「長門峡(ちょうもんきょう)」という山口の地酒を土産に持ってきてくれました。大吟醸、精米歩合35%、日本酒度+5、山田錦。またこの酒がンマイ!再び日本酒熱に火が点きそうでした



さあて、今週もがんばるじょー!

2006/9/23

サウス  
 
やっほー!クリックすると元のサイズで表示します今夜はサウスの二周年を祝いに行ってきました。もちろん、呑みに、です(笑

■BAR South or North

去年の3月、ママとHIROKOさんが駅前で配ってたビラを、パンチ妻が受け取ったのが始まりでした。翌4月に初めて行って以来、ずっとお世話になっています。わしに至っては、ほぼ毎週通い詰めているという有様w


ここでまた、新たな出会いがあり、そしてご縁が広がりで、楽しい時を過ごしています。常々思っていることですが、ご縁の神様は、ほんまイタズラ好きです。どこで誰と何をつないでくれるのか、まったくわからないからです。ま、それがエエのですが(笑


昨年の1周年は、どちらかといえば淡々とした感じでしたが、今年は、わしが仕事あがりに店へ行った時点で、ずいぶんお客さんがいたはりました。うむ、これでこそサウス



そうえいばこの1年、サウスではいろんなことがありました。ライブ、イベント、女装、それはそれはいろんなことがありましたw


ご近所に、こういう音楽好きの集える店があるというのは、ありがたい限りです。他地域の方々からすれば、決してエエ立地ではありませんし、不便なところやとは思うのですが、わしらにとっては格好の隠れ家です



その昔、平野に「コスタ スメラルダ」という喫茶店がありまして、そこもまた音楽好きの集う店でした。わしもパンチくんも、よく通ったものです。あのマスターは、今どうしてるんでしょうか


サウスには、たとえ細くでも、長く続いていただきたいと思います


クリックすると元のサイズで表示します
画像2:まさおさんに股間を燃やされるK君の図ww

2006/9/22

空と個性と  日常たわごと君
 
久しぶりに、お空の観察日記
クリックすると元のサイズで表示します


朝10時頃、ふと北の方を見上げたら、青空に一条の飛行機雲・・・ではありません(画像1)。この位置に航跡が残る路線は無いからです。それに、もっとシャープですし、飛行機雲みたく、時間がたってもモワモワしません。しかし、見事なまでに一直線。これは何でしょう??


このあと、この雲はモワモワすることなく、シャープなまま細くなって消えました。うーむ



お空といえば、猛烈な台風が日本近海におります。台風14号(アジア名:YAGI)で、中心気圧は現時点で915Hpという低気圧っぷり。関西には大きな影響は無いと思うのですが、進路付近にお住まいの方々は、どうかご用心をば


それにしても、近年の台風は大型化してるような気がするんですが、どうでしょ?こないだの12号も「猛烈」やったはずです。ちなみに、「猛烈」とか「非常に強い」という台風の基準については、以下でどうぞ

■気象庁|台風の大きさと強さ


台風が来ると、妙に興奮したガキの頃でしたが、余計なオマケ(災害など)はいりませんねん。空から1万円札が降ってくるような台風キボンヌww



話かわりまして



画像2は、トンズのバーボン監督のブログクリックすると元のサイズで表示しますでコメントしました、「Music and Rhythm」というアルバム。WOMADフェスティバルという催し?に参加した、第三世界のミュージシャンを集めたコンピレーションです。XTCやピート・タウンゼント、ホルガー・シューカイも参加してます


これ、トーキングヘッズのデビッド・バーン監修やと思うてたのですが、そういうわけではないようで、どちらかといえば主催はピーター・ゲイブリエルのようです


CD化はされてないみたいですので、アナログ盤(2枚組)でゲットして下さい。わしは持ってたはずなんですが、いつの間にやら手元から行方不明で、いまはテープに落としたモノしかありません(涙。借りパクしたヤツ、早く返してくれ〜



こういうクセのある音楽を聴きますと、「オリジナリティなんて関係ない」と語る連中が、ますますアホに思えてきます。自己表現であるはずの音楽に、オリジナリティが無いというのは致命的やからです。たとえカバーであっても、オリジナリティはあって然るべきものやと思います。それが証拠に、クラシックは演奏者や指揮者が変わると、その表現も、時には曲調すらも変わってますやんか


いろんな考え方があるのはわかりますが、「個性にこだわらない」考え方というのは、音楽屋としましては理解に苦しみます。ま、今は個性が強すぎると、売りにくいらしいんですがね(笑 orz

2006/9/21

動機  音楽総合
 
ギターを弾くには、気温といい湿度といい、ちょうど良いシーズンです。なので、今度やる予定の新曲を練習してました。慣れないパターンなので、なかなか難儀してます(笑。うまくいったら9/30ライブで公開しますね



さてさて、三度のメシよりギターが好き…とまでは、さすがに年齢的にwいかないのですが、それでも相変わらずのギター好きです。ギターを与えておくと、大変おとなしゅうございます。ギターを持ってるだけで、大変落ち着くのでございますww


飽き性のわしが、なんでン十年もギターを続けてきてるのか?そりゃもう「好きやから」の一言に尽きます。好きなもんに理由なんぞいりません。好きやから楽しいのです。顔にも出ます(笑



そんなギターを始めるキッカケ、というか動機は何やったのでしょうか?ちょっと思い出してみます…(考え中w



おや、そこのチミ。「ギャルにモテたかったからやろ?」とか「ギャルにモテたかったからやろ?」などと考えてますね?ふっふっふ、そりゃ浅はかですな。実は



ギャルにモテたかったからです!



ではありません(笑。意外にも、動機は平凡かつピュアでしたのよ



わしはオマセなお子様でしたので、当時のクラスメート達が好んで聞いてたような、いわゆるニューミュージックの類は、ほとんど聞きませんでした。ガキなりに、なんというか「違うよなぁコレ」という感じやったのです


さらに親戚が「もう聴かんようになったから」と、洋楽のレコードやらテープやらを大量にくれまして、「外国の歌は大人な感じ」という背伸び感もあって、もっぱらそういうのばかり聴いてました。生意気なガキですw


最初は、ツェッペリンなんか聴いても、まったくワケわかりませんでしたね。当然ですが。しかし、不思議なもので、聴いてるうちにハマっていった小学生でありました



そのうち、まずピアノの音に耳がいくようになりまして、「おぉ、ピアノを弾きたいぜ!」と思いました。しかしながら、ピアノを買うてもらえるようなご家庭ではなく、そもそも設置スペースもない長屋住まいでしたので、この夢はあきらめました(涙



続いてギターが耳につきました。うむ、これなら場所も取らんし、自分にも弾けるかもしれん!いつかレコードの音楽みたいに弾いてみたいなぁ…



というのが動機です。どうです、ピュアでしょう?(えっへんww



まぁ後になって、「ギターうまかったら、ギャルにモテるんや」とは思いましたが(笑



画像は、ン十年前に、クリックすると元のサイズで表示しますわしが一番最初に自分の金(奨学金ww)で買うたギターです。某楽器屋のオリジナル(という名の廉価品)で、たしか本体のみで1万5千円やったと思います。ケースは後になって買いました


塗装も粗かったですし、いまで言うところの「フォトジェニック」程度のギターやったと思います。ただ、思い出してみれば、ストラトらしい音は鳴ってました


このギター、徹底して弾き込みましたので、購入後わずか2年足らずでフレットがベタベタになり(無くなり)ました。リペアの知識も無かったので、当時の友人にあげてしまいましたよ



そうやって現在に至ってます。やっぱりギターが好きです



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ